ニュースリリース

ユビキタス,組込みデータベースDeviceSQLの最新バージョンを発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)ユビキタスは5月12日,同社の組込みデータベース製品の最新版,「Ubiquitous DeviceSQL Release 4.1」(DeviceSQL4.1)を発売したことを発表した。

同社は昨年8月にエンサーク社より「DeviceSQL」の知的財産権を取得し,以来組込みデータベース事業を推進する中,同社として初めてのリリースとなるDeviceSQL4.1を発売することとなった。

DeviceSQLは組込み機器向けに特化し,DB機能とデータ処理機能を提供する製品で,世界最小クラスのデータベースエンジン(最小メモリフットプリント24Kバイト)に加え,組込みシステムに最適化したデータ管理機能を実現するフレームワークを提供する。DeviceSQL4.1の主な特徴は以下のとおり。

ユビキタスによる開発・パッケージング

エンサーク社からの知的財産権を取得後,ユビキタス社内にDeviceSQL専門の開発部門を構築し,同社の開発エンジニアによって独自に機能の実装,テスト,パッケージングが行われている。

基本性能の向上

DeviceSQL4.1では,データベース機能として重要な検索,ソート等の基本性能の向上を図っているほか,既存リリースでサポートされているアプリケーションから任意のタイミングでデータベースファイルをオープンできる機能「Paged Storage」でも,そのサポート範囲が拡大している。

ユーザビリティの強化

DeviceSQL4.1では,SQLProbeというデータベース操作ツールをDeviceSQL SDKに標準で同梱し,専用のアプリケーションを構築することなくPC上でデータベースを作成,SQL文による編集をインタラクティブに行うことができる。また,SQLProbeを使用して,テーブル内のデータをCSVファイルからインポートする機能,逆にテーブル内のデータをCSVファイルへエクスポートする機能の双方がサポートされており,テーブルへの初期データの設定やアプリケーションのテストなどに活用することができる。

(株)ユビキタス
URL:http://www.ubiquitous.co.jp/

コメント

コメントの記入