ニュースリリース

Apple,WWDCキーノートにてMacBook Proのアップデート及びMac OS X Snow Leopardを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

米Appleは6月8日(現地時間),米カリフォルニア州サンフランシスコで開幕したWWDC(ワールドデベロッパカンファレンス)のキーノートにおいて,MacBookのアップデートとMac OS X Snow Leopardのリリースを発表した。

MacBook Proファミリー

MacBook Proファミリー

同社のノートブック製品となる「MacBook Pro」ファミリーはラインナップが一新され,それぞれの内部スペックが強化されたほか,FireWireポートの復活,SDカードスロットの内蔵,新開発のバッテリーによるバッテリー寿命の強化などの改良が行われた。またBTOではSSDの搭載を選択できる。

MacBook Proは標準構成でそれぞれ13インチで134,800円,15インチで188,900円,17インチで278,800円。同日より販売が開始されている。

一方新たなMac OSとなるSnow Leopardでは,すべてのアプリケーションが64ビットで動作するようになり,インストールサイズが大幅に縮小された。大きな新機能の追加は行われなかったものの90%ものプロジェクトが更新され,Mail等においては米MicrosoftのExchangeに標準で対応している。

またこれまでベータテストが行われていたSafari 4も正式にリリースされた(Leopard版,Windows版も含む)。

LeopardからSnow Leopardへのアップグレードはシングルユーザーライセンスは29ドル,一家5人まで使えるファミリーパックは49ドルとなる。リリースは9月の予定。

アップル
http://www.apple.com/jp/
MacBook Pro
http://www.apple.com/jp/macbookpro/

コメント

コメントの記入