ニュースリリース

グレープシティ,帳票開発コンポーネントActiveReports for .NET 6.0Jを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

グレープシティ(株)は6月17日,.NET環境用の帳票開発コンポーネントActiveReports for .NETの最新バージョン6.0Jを8月下旬に発売すると発表した。

ActiveReports for .NETは.NET上の開発で利用できる高機能な帳票開発コンポーネントで,日本でも大きなシェアを持っている。VisualStudio上に統合されたデザインツールにより,コントロールやテキストなどの配置をビジュアルに行うことができるのが特長。直接印刷のほか,PDF,Excel,TIFF,HTML,RTF,Textの各形式のファイルに出力することもできる。

新バージョン6.0ではさらに,用紙サイズに合わせた表を作成するための空行を挿入したり,柔軟な罫線レイアウト,均等割付やパディングといった,きめ細かなデザインを実現するための機能を強化。また,スナップラインモードの採用,テキストの直接編集やマウスでのズーム機能など,「レポートデザイナ」と呼ばれるデザインツールの操作性を大幅に向上させた。

さらに,Professionalでは生成したPDFに電子署名とタイムスタンプをつけることが可能となり,ドキュメントの真正性と完全性を保証できるようになった。このほかProfessional版では,Webからのレポート閲覧を可能にするWebフォーム用のサーバコントロールが付属。この中にはFlash形式での表示が可能なビューア機能も含まれている。

動作環境としては,新たにWindows Server 2008や64ビットWindows,Internet Explorer 8といった環境もサポートしている。Windows 7,Windows Server 2008/R2にも順次対応する予定。

こうした大幅な機能強化が可能となったのは,同製品の開発元である米Data Dynamics社を2009年1月にグレープシティが買収したため。これによって,より日本のユーザの細かい要望を取り入れやすくなったとのこと。製品は日本のほか,米国,EU各国で販売される。

主な特長は以下の通り。

優れたレポートデザイナ
  • デザイナがVisual Studioに統合されているため,シームレスな帳票デザインが可能。
  • レポートのデザイン部分とコード部分が分かれているためメンテナンスが容易。
  • エディタは独自形式ではなくVisual Studioのものを使用するため,インテリセンスやコードスニペットなどの機能を活用できる。
  • プレビュー機能により,最終的な出力を確認しながらのデザインが可能。
  • スナップライン,均等割付,パディング,デザイナの拡大/縮小を使って,きめ細かなレイアウトが可能。
  • ダブルクリックでテキストを直接編集できるため,効率良く帳票デザインできる。プロパティウィンドウからの複数行入力や,ダブルクリックでの直接編集が可能。

Visual Studioに統合されたデザイナの画面。印刷イメージのままデザインが可能。

Visual Studioに統合されたデザイナの画面。印刷イメージのままデザインが可能。

充実機能のビューワ(Windowsフォーム用)
  • レポートビューワに印刷や検索,表示ページ数の切り替え,ページ移動,拡大縮小などの機能が標準で組み込まれている。また,ツールバーはエンドユーザの要望に合わせてカスタマイズ可能。

ツールバーはカスタマイズでき,いくつかのテーマがあらかじめ用意されている。

ツールバーはカスタマイズでき,いくつかのテーマがあらかじめ用意されている。

動作環境
開発ツールVisual Studio 2005/2008(日本語版)
※Express Editionは使用不可。
開発言語Visual Basic,C#
OS(32ビット/64ビット)Windows XP,Windows Server 2003,Windows Vista,Windows Server 2008
フレームワーク.NET Framework 2.0/3.0/3.5
価格
1開発ライセンスStandard 126,000円(税込み)
Professional 294,000円(税込)
サーバライセンス運用サーバ1台につき105,000円(税込)
ActiveReports for .NET 6.0J製品情報
URL:http://www.grapecity.com/japan/AR6/
機能紹介ムービー
URL:http://www.grapecity.com/japan/ar/tips.htm#movie
グレープシティ(株)
URL:http://www.grapecity.com/japan/

コメント

コメントの記入