ニュースリリース

エクセルソフト,Javaアプリケーション高速化ツールExcelsior JET 6.5をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

エクセルソフト(株)は,JavaアプリケーションをWindowsおよびLinuxネイティブコード化し高速化,最適化するJava開発ツール「Excelsior JET 6.5」の日本での販売を6月24日に開始した。新バージョンではEclipse RCPアプリケーション実行のためのセキュアな環境を提供する。

Excelsior JET 6.5は,JavaアプリケーションやクラスファイルをWindows上でEXE,DLLファイル,Linux上で実行ファイルおよび共有オブジェクトに変換する。ネイティブコードに変換されたJavaコードは高速に動作し,Sun MicrosystemsのJREを必要としない。日本語インストーラを含む12ヵ国語のインストーラを作成できるJetPackⅡが搭載されているため,作成されたアプリケーションを無料配布することができる。

Excelsior JET 6.5では,Eclipse RCPアプリケーションをネイティブコードの実行ファイルにコンパイルすることができるようになり,リバースエンジニアリングから機密コードとデータを保護し,OSGiバンドルを不正に変更できなくなった。また,従来より高速になったJITコンパイル,使いやすさの強化,操作パフォーマンスの向上,JETランタイムの高速なメモリアロケーションなどの強化が施されている。

●動作環境

WindowsWindows Vista,XP,Server 2003,または2000
LinuxKernel 2.4.xまたは2.6.x,glibc 2.2.5以上

●価格(ダウンロード版)

製品名税込価格 (本体価格)
Excelsior JET 6.5スタンダードエディション英語版
Windows版163,800円(156,000円)
Linux版259,350円(247,000円)
Excelsior JET 6.5プロフェッショナルエディション英語版
Windows版273,000円(260,000円)
Linux版341,250円(325,000円)
Excelsior JET 6.5エンタープライズエディション英語版
Windows版546,000円(520,000円)
Linux版682,500円(650,000円)

なお2009年9月30日まで,新規購入の場合は体価格より15%オフのキャンペーンを実施。

Excelsior JET
URL:http://www.xlsoft.com/jp/products/jet/index.html

コメント

コメントの記入