ニュースリリース

「Google 未来を選ぼう 2009」,開始~第一弾は「未来のためのQ&A」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Googleは7月13日,「Google 未来を選ぼう 2009」と題した新プロジェクトを開始した。同プロジェクトは,政治家を目指す人との対話を実現し,選挙関連情報をわかりやすく提供するもの。

未来のための Q&A

プロジェクトの第一弾として,同日14:00より「未来のための Q&A」がスタートした。これは,GoogleモデレーターとYouTubeを利用したプラットフォームで,ユーザから質問を集め,投票により5つの質問を決定し,それに対して衆議院議員を目指す人に動画で回答をしてもらうというもの。

Googleモデレータは,すでに先の米大統領選の選挙などで活用されており,今回のプロジェクトに合わせて日本語対応した。

「Google 未来を選ぼう 2009」について発表したグーグル株式会社代表取締役社長 辻野晃一郎氏

「Google 未来を選ぼう 2009」について発表したグーグル株式会社代表取締役社長 辻野晃一郎氏

質問投稿の手順および回答

質問を投稿するにあたっては,Googleアカウントへのログインが必要となる。ログイン後,http://www.google.co.jp/mirai2009へアクセスし,行う。また,同ページより,選びたい質問への投票も行える。

「未来を選ぼう 2009」サイト

「未来を選ぼう 2009」サイト

質問は2009年7月13日14:00から受付開始,締切については公職選挙法に抵触しない形で,追ってサイト上で発表される。

回答ビデオは,回答者の立候補が確認できた場合,YouTubeのチャンネルおよび未来を選ぼう2009にて,順次掲載される。

今後の展開

第45回衆議院議員選挙の公示後は,「未来を選ぼう 衆院選 2009」と題したプロジェクトが始まり,選挙区ごとの候補者情報など,選挙情報が提供されていく。

Google 未来を選ぼう 2009
http://www.google.co.jp/mirai2009

コメント

  • 将来を背負う子供の教育について

    将来の国を創るには、格差社会を創るためにビジネス化された教育は、「本来の教育を受ける権利」に取り戻すことが必要で、将来の国づくりを左右するといっても過言ではない重要政策より、過去形のアメリカ型教育を続けるのか、ビジネス化(金儲け)に反する将来型の欧州スタイルを目指すのかそれぞれの政党或いは立候補者の意見を聴きたい。これにより目先のごまかしや懐柔政策は通用しなく、また立候補者或いは政党のあり方が見えて来ると思われる。

    Commented : #1  岡村 良行 (2009/07/16, 10:15)

コメントの記入