ニュースリリース

Brightcove 3日本語版リリース,無料トライアルを開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ブライトコーブ(株)は7月14日,同社のオンライン動画配信プラットフォームの最新版「Brightcove 3」日本語版をリリースした。併せて,同社Webサイト上での1ヵ月間の無料トライアルの受付を開始した。

日本語版リリースについて発表する,ブライトコーブ(株)代表取締役社長 橋本久茂氏

日本語版リリースについて発表する,ブライトコーブ(株)代表取締役社長 橋本久茂氏

Brightcove 3は,PaaS(Platform as a Service)で提供される動画配信プラットフォームで,Mediaモジュール,Publishingモジュール,Advertisingモジュールの3つのモジュールが装備され,以下のような機能を持つ。

メディアアップロード&管理

さまざまなメディアファイルのアップロードおよびメタデータの入力,コンテンツのプレイリストへの登録が行える。また,Webブラウザを利用して最大2Gバイトまでの一括アップロードが行える。

動画プレーヤーの作成&公開

動画配信に合わせて,独自のプレーヤーの作成,カスタマイズが行える。Brightcove 3には,動画を配信する際,視聴側の環境を分析し環境に応じた動画ストリームを最適化する機能が実装されている。

APIを活用したシンディケーションとションとバイラル共有

Brightcove 3はオープンプラットフォームとして提供され,APIが用意されている。これを利用することにより,SEO施策やウィジェット/SNSなどとマッシュアップさせたバイラル展開が可能となる。

広告管理

動画広告を作成する際,配信および課金の管理を柔軟に行える。たとえば,コンテンツの地理的な制御や特定ドメインの制御など,広告配信ポリシーを管理することが可能となっている。

オンライン動画のアクセス解析

配信するコンテンツに関して,オンライン動画の主要なパフォーマンス指標の監視,それを利用した動画分析機能が実装されている。

すでに国内では,TBSの番組キャンペーンサイトやYAMAHAのコーポレートサイト上での動画コンテンツ配信,TOWER RECORDの楽曲プロモーションといった採用実績を持つが,これまで,Brightcove日本語版は特定のユーザのみへの提供となっていた。バージョン3の日本語版は購入したすべてのユーザに対して提供される。

今回の発表に併せて,30日間の無料トライアルサービスが用意されている。

今回の発表に合わせて来日した,Brightcove Inc. Chairman & CEO, Jeremy Allaire氏。同氏は,Macromediaの最高技術責任者としてRIA普及に尽力したことでも有名

今回の発表に合わせて来日した,Brightcove Inc. Chairma

ブライトコーブ(株)
URL:http://www.brightcove.co.jp/

コメント

コメントの記入