ニュースリリース

企業ウェブ・グランプリ,小中高生によるスチューデント部門審査進行中

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

第3回企業ウェブ・グランプリで新設された「スチューデント部門」には,企業8社から12サイトの応募があり,現在,審査が進行している。

企業ウェブ・グランプリは,日本の企業ウェブサイトの発展を目指し,経済・社会・教育・文化の発展に貢献することを目的に,ウェブ関係者によるウェブ関係者のための賞として2007年に創設された。

「スチューデント部門」は企業が運営する青少年向けのウェブサイトを,実際に対象となる年齢の学生が直接審査し,順位を決めるもので,新しいグランプリ部門として今年から加わったもの。夏休み期間中から2学期初めにかけて,東京,神奈川,佐賀などの小学校,中学校,高校の5校が審査に協力し,最終的には400名を越える生徒の参加を予定している。

審査結果は12月8日(火)東京サントリーホール(小ホール)にて発表される。

審査中のサイトは次の通り。

小中学校対象
  • ソニー・サイエンスプログラム(ソニー株式会社)
  • EYE SEEⅢ-ユニセフ子どもデジタル写真プロジェクト(ソニー株式会社)
  • どんぐりプロジェクト(東京ガス)
  • トライサイエンス(日本IBM株式会社)
  • キッズミュージアム(マツダ株式会社)
  • キッズランド(三菱重工業株式会社)
高校生対象
  • 貝印 スィーツ甲子園(貝印株式会社)
  • KAI TOUCHプロジェクト(貝印株式会社)
  • 燃料電池アカデミー(東京ガス株式会社)
  • 音俳句(パイオニア株式会社)
  • 子宮頸がん予防の会(万有製薬株式会社)
  • 環境技術(マツダ株式会社)
企業ウェブ・グランプリ
URL:http://www.web-grandprix.jp/

コメント

コメントの記入