ニュースリリース

アドバンスソフトウェア,Excelでデザインできる帳票ツールVB-Report 7を9月10日に発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

アドバンスソフトウェア(株)は,.NET環境から使える帳票ツール「VB-Report 7」を9月10日に発売すると発表した。

「VB-Report」は,帳票のデザインツールとしてMicrosoft Excelを使用できる帳票生成支援コンポーネント。新発売の「VB-Report 7」ではExcel2007のxlsx形式用のコンポーネントと従来のxls形式用のコンポーネントが両方用意され,Excelで作成したデザインシートに対し,VB.NETやC#のプログラム上から値を流し込んで帳票を作成することができる。

実行環境にExcelがインストールされていなくても,帳票をプレビュー/印刷することができ,Excelがインストールされている環境では,Excel関数式や修飾機能を使ってより多彩な帳票を生成できる他,帳票結果をExcelファイルに保存することもできる。プログラム中からセル・列・行のコピー/削除/挿入等の操作ができるため,明細行が可変の帳票や,わずかにレイアウトが異なる帳票も簡単に出力することができる。

また「VB-Report 7」で新しく追加された「コードデザイナ」を使用することで,Excelから目的のセルをドラッグ & ドロップして差し込むデータや属性の設定をUI上で行うことができ,設定内容を元にソースコードを自動生成できる。さらに付属の「レポート作成ツール」と組み合わせると,ノンプログラミングで帳票を作成することも可能。専用のバーコードコンポーネントやWPF(Windows Presentation Foundation )用のビューアコントロールも付属する。

サーバアプリケーションでも使用できるよう同時に複数の処理要求にも対応し,PDF出力機能によりWeb帳票作成にも対応可能。

価格は,1開発ライセンス81,900円(本体価格78,000円),Web開発用のサーバーライセンスは210,000円(本体価格200,000円)。

コードデザイナを使った帳票作成の流れ

帳票デザインのひな型となるExcelファイルを作成/用意

帳票デザインのひな型となるExcelファイルを作成/用意

デザインしたファイル名,シートを指定

デザインしたファイル名,シートを指定

Excelシートからコードデザイナによりコードの原型が自動生成され,GUIからの微調整も可能

Excelシートからコードデザイナによりコードの原型が自動生成され,GUIからの微調整も可能

データが差し込まれた帳票はすぐにプレビュー,印刷できる。コンポーネントとプレビューが分離されているので並列動作も可能。

データが差し込まれた帳票はすぐにプレビュー,印刷できる。コンポーネントとプレビューが分離されているので並列動作も可能。

動作環境(開発環境)

OSWindows 2000(SP4以上)/XP(SP2以上)/Vista(SP1以上)
Windows Server 2003(SP2以上)/2003 R2(SP2以上)/2008(SP1以上)
開発ツールVisual Studio 2005(SP1以上)/2008
対応言語Visual Basic.NET,Visual C#
ハードディスク30Mバイト以上の空き領域
メモリ512Mバイト以上(推奨1Gバイト以上)
VB-Report 7製品情報
URL:http://www.adv.co.jp/products/product_VB-Report7.htm
アドバンスソフトウェア(株)
URL:http://www.adv.co.jp/

コメント

コメントの記入