ニュースリリース

グレープシティ,米FarPointと合意,SPREADの所有権を獲得

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は9月15日,米国のソフトウェア開発ツールメーカFarPoint Technologiesとの協議で,SPREADをはじめとする同社製品の買収契約に合意したことを発表した。昨年のFarPoint製帳票コンポーネントActiveReportsの買収に続くもので,これでFarPointの全製品と収益をグレープシティが保有することになる。

SPREADはFarPoint社が開発したWindows向け表計算コンポーネント。Excelとの親和性が高く,関数を用いた数式計算,多彩なセル書式,ファイル入出力など,あらゆる表計算機能を実装できるコンポーネントとして人気が高い。グレープシティは発売当初から15年にわたり,SPREAD日本語版の開発およびユーザサポート,日本市場での拡販を手がけてきた。

今回の合意により,FarPoint社がこれまでに築いた欧米での販路と開発ノウハウを活かし,今後は,アジア諸国への市場拡大も視野に入れ,グレープシティがSPREADの開発および各国でのユーザーサポート,流通展開を行う。業務の移管手続きは2009年10月から順次開始し,FarPoint社が開発を進めていた新バージョンやSilverlight,WPF対応製品の開発,およびWindows 7,Windows Server 2008 R2などへの対応を行っていくとのこと。

グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com

コメント

コメントの記入