ニュースリリース

アドビシステムズ、モバイル機器とパソコンに対応した初のFlash Playerを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

10月5日,アメリカのロサンゼルスで開催されている「Adobe Max 2009」において,アドビシステムズ社はモバイル機器とパソコンに対応した初のFlash Player 10.1を発表した

さまざまなデバイスでFlashコンテンツを利用できる環境を実現するためのプロジェクト「Open Screen Project」が設立後,モバイル機器とパソコンの両方で動作する初めての一貫したランタイムである。

これにより,さまざまな機器で,表現力豊かなアプリケーションやコンテンツ,高品位(HD)動画で妥協のないWebブラウジングを実現できるようになるとのこと。

なお,Windows,Macintosh,LinuxのデスクトップOS向けのベータは今年後半,Google AndroidとSymbian OS向けのパブリックベータ版は2010年前半の公開を予定とのこと。Windows MobileやPalm webOSに対応したこのブラウザベースのランタイムも,年内に開発者向けパブリックベータ版が公開される予定。さらに,アドビシステムズ社とRIMは,Flash PlayerのBlackberryスマートフォン対応を目指し協力すると発表した。

以下は,Adobe MAX 2009での発表の模様。

また,Palm webOS(Palm Pre)とMicrosoft Windows Mobile(Toshiba TG01)で動作しているデモ動画が,アドビシステムズのサイトで確認できる

関連して,約50社が参加しているOpen Screen ProjectにGoogleが加ったことも発表されている

Adobe Labs - Adobe Flash Player 10.1
URLhttp://labs.adobe.com/technologies/flashplayer10/
Adobe Max
URLhttp://max.adobe.com/

コメント

コメントの記入