ニュースリリース

京都マイクロコンピュータ,ARM Cortex-A9 MPCore搭載,SMP Linux付属の評価ボードを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

京都マイクロコンピュータ⁠株⁠は11月6日,ARM Cortex-A9 MPCore(NECエレクトロニクス製)搭載,Mini-ITXサイズの評価ボード「KZM-CA9-01」を発表した。2009年12月に出荷の予定。

同製品にはLinux 2.6のソースとバイナリ,ツールチェーンが付属しており,購入後すぐARM Cortex-A9の評価が可能となる。CPUとしてARMプロセッサCortex-A9(各コア400MHz)が4個搭載されており,大容量のL2キャッシュを介してメモリに接続される。また,SD,USB,LAN,LCD,PCIE-X4などの豊富なペリフェラルも搭載されている。

価格は,標準タイプ(ボード本体,マニュアル/回路図,Linux2.6)が550,000円,LCDタッチパネルユニット付属タイプが600,000円(いずれも税抜き)⁠

さらに,同社製JTAG ICE「PARTNER-Jet」と組み合わせて利用することにより,マルチコアやSMPの効率的なデバッグも可能になる。PARTNER-JetはARM CoreSightデバッグアーキテクチャやNEON命令などの最新のARM v7命令にも対応しており,ARM Cortex-A9を最大限に評価することができるほか,ARM Cortex-A9 MPCoreまたはLinuxを用いたシステムの試作/評価やLinux/ARM Cortex-A9 MPCoreで動作するミドルウェアの開発,各種OS(Linux・Windows CE・T-Kernelなど)の評価に利用できる。

なお,11月10日に開催されるARM Forumおよび11月18~20日に開催されるEmbedded Technology 2009にて,KZM-CA9-01ボードとPARTNER-Jetを組み合わせたデモストレーションが行われる予定。

京都マイクロコンピュータ⁠株⁠
URL:http://www.kmckk.co.jp/

コメント

コメントの記入