ニュースリリース

User Insight 2,リリース――ヒートマップ型アクセス解析ツールの最新版,大幅に機能強化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

株式会社ユーザーローカルは2009年11月25日,同社の有償Webアクセス解析ツールの最新版「User Insight 2」をリリースした。

User Insightは,アクセス解析結果を「ヒートマップ」と呼ばれるサーモグラフィ風に表示できるのが特徴のツール。今回のバージョンアップでは,以下の機能が強化された。

広告管理・コンバージョン機能およびユーザ属性との連携

図 コンバージョン解析の例

図 コンバージョン解析の例

直接,間接,重複コンバージョンを測定できる,広告管理およびコンバージョン機能が追加された。この他,広告を閲覧したユーザ属性やコンバージョンしたユーザの組織名など,User Insighならでの解析が行える。

リアルタイム解析

図 リアルタイム解析の例

図 リアルタイム解析の例

当日のページビューや訪問者数,ユニークユーザ数などをリアルタイムに解析し,管理画面上で動的にカウントアップする。⁠誰が」⁠いつ」⁠どのページに」⁠どんなキーワードで」アクセスしてきたかというログもリアルタイムに更新する。

ユーザ属性項目の追加

図 ユーザ属性が追加された

図 ユーザ属性が追加された

これまでの「性別」⁠年齢」⁠地域/業界」⁠組織名」といったユーザ属性に加えて,新たに「年収」⁠ログイン/非ログイン」などの項目が加わった。

ネット上の評判を解析

図 Twitterなど,ネット上に流れている情報,評判を解析できる

図 Twitterなど,ネット上に流れている情報,評判を解析できる

特定の単語やデータ(商品名や解析対象URL)を登録しておくことで,Twitterや各種ソーシャルブックマークなど,ソーシャルメディアに流れるネット上の評判を収集し,解析することができる。

User Insight 2
http://ui.userlocal.jp/

コメント

コメントの記入