ニュースリリース

プレゼン用Twitterクライアント「TweetBubbles」が,実況中継のためのクライアントアプリとしてバージョンアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

12月16日,株式会社ピクルスはTwitterクライアントアプリTweetBubbles⁠ツイートバブルス)を大幅にバージョンアップした。

今回のバージョンアップでは、用途の見直しを図り「イベントやテレビ・ラジオなどのTwitter実況中継を楽しむためのクライアントアプリ」として生まれ変わったとのこと。

今回のバージョンアップの特徴

今回のバージョンアップの特徴は次のとおり。

  • チャンネルウィンドウを追加し,検索機能を強化
  • アカウントを設定でき,通常の常駐クライアントとして利用ができる
  • デザイン,UIを大幅に変更
  • 詳細設定を強化し,ユーザーの環境や好みに合わせた使い方が可能
  • 日本語/英語の切り替え

もちろん,従来通りイベントのプレゼンテーション用としても,より使いやすいようになっている。

※Adobe AIRアプリケーションであるため、Windows、Machintosh共に利用可能。

図1 TweetBubblesの設定画面。表示方法を設定できる

図1 TweetBubblesの設定画面

図2 注目のキーワード(by buzztter)や注目のハッシュタグ,ユーザーのタイムラインから表示させたいものを選択できる。そのほか,検索ボックスに好きな文字列を入力することも可能

図2 目のキーワード(by buzztter)や注目のハッシュタグ,ユーザーのタイムラインから表示させたいものを選択できる

図3 TweetBubblesを利用してデスクトップ上に発言を表示させた状態

図3 TweetBubblesを利用してデスクトップ上に発言を表示させた状態

このほか,Twitterアカウントを設定することで,発言も可能になっている。詳しくは,TweetBubblesのサイトを参照のこと。

TweetBubbles
URLhttp://tweetbubbles.net/

コメント

コメントの記入