ニュースリリース

Google Apps Premier Editionと連携できる共用レンタルサーバプランが登場――KDDIウェブコミュニケーションズ「シェアードプランZシリーズ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズは2010年1月13日,同社のホスティングブランド「CPI」の共用レンタルサーバ「シェアードプランZシリーズ」にて,Google Apps Premier Editionと連携することを発表した。

これからの世界市場,それに対するニーズなどの考察を述べながら,今回の発表のコンセプトである「ホスティング+グローバルクラウド」について説明する,株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ代表取締役社長 山瀬明宏氏。

これからの世界市場,それに対するニーズなどの考察を述べながら,今回の発表のコンセプトである「ホスティング+グローバルクラウド」について説明する,株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ代表取締役社長 山瀬明宏氏。

マルチドメイン無制限,外部バックアップができるシェアードプランZシリーズ

シェアードプランZシリーズは,マルチドメイン無制限,外部バックアップが可能となっている共用レンタルサーバプラン。また,標準の機能に加えて,携帯3キャリア+iPhone対応のモバイル向けCMS,オリジナルテンプレートがセットになった「モバイルCMSプラス」⁠24時間365日のサポートを行う「サポートプラス」⁠外部バックアップ+内部バックをセットにした「バックアッププラス」の3つの有料オプションパックが用意されているなど,多様な利用シーンに対応できるのが特徴の共用レンタルサーバである。

技術的知識なくGoogle Appsの利用が可能

今回新たに機能として加わったGoogle Apps Premier Editionは,Googleが提供する企業向けホスティング型オフィススィートで,スケジュール管理ツール「Googleカレンダー」⁠ドキュメントの共有・共同編集ツール「Googleドキュメント」など,業務で役立つツールが用意されている。

KDDIウェブコミュニケーションズSMB事業本部事業本部長 高畑哲平氏は,今回の連携の背景,新しいホスティングの姿である「Hybridホスティング」に関する説明を行った。

KDDIウェブコミュニケーションズSMB事業本部事業本部長 高畑哲平氏は,今回の連携の背景,新しいホスティングの姿である「Hybridホスティング」に関する説明を行った。

今回の連携のメリットについて,KDDIウェブコミュニケーションズSMB事業本部事業本部長 高畑哲平氏は次のように述べた。

  • 設定する知識がいらない
  • デフォルト1アカウント無料
  • 国内も海外も快適に利用可能

とくに注目したいのが「設定する知識がいらない」という点。今回発表されたプランでは,シェアードプランZシリーズ上にGoogle Appsアカウント設定画面が用意されており,⁠MX」⁠CNAME」などの専門用語を知らないユーザでも,手軽にGoogle Appsを利用できるようになっている。これにより,今後の企業ユースでの採用が促進することが期待されている。

記者発表後,今回の提携に至る背景,発表が持つ意味,そしてGoogleの展開のさらなる可能性について語った,グーグル株式会社名誉会長 村上憲郎氏。

記者発表後,今回の提携に至る背景,発表が持つ意味,そしてGoogleの展開のさらなる可能性について語った,グーグル株式会社名誉会長 村上憲郎氏。

シェアードプランZシリーズの詳細については,以下サイトを参照。

シェアードプランZシリーズ
http://www.cpi.ad.jp/

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入