ニュースリリース

OESFとJASAが提携~Android技術者認定を行い,組込み業界の活性化を図る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

一般社団法人Open Embedded Software Foundation(以下OESF)は2月5日,社団法人組込みシステム技術協会(Japan Embedded Systems Technology Association)(以下,JASA)とAndroid技術者認定と資格制度構築・運用において提携すると発表した。

OESFは,ワーキンググループの中の「Market-Education Working Group」ですでにAndroidトレーニングをフランチャイズにて開催・運営しており,今回の提携によりAndroid技術者育成の地盤がさらに固まっていくことになる。

現在のトレーニングでは,アプリケーション開発者を対象にしたコースと,Android(tm)移植・ドライバ開発を対象にしたコースがあり,今後JASAとAndroid技術者認定において提携することで,Android製品開発における必要な技術者スキルレベルを明確化するとともに,JASAにて実績のあるJASA組込みソフトウェア技術者試験(Embedded Technology Engineer Certification:ETEC)の実施・運用経験を,新たな技術者認定制度を構築していく。

Open Embedded Software Foundation
http://www.oesf.jp/

コメント

コメントの記入