ニュースリリース

サイズ,Web標準によるワンソース・マルチデバイス対応 XML CMS「Web Meister 2.5」販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠サイズは5月11日,XML CMS「Web Meister(ウェブ マイスター)⁠のバージョンアップ版「Web Meister 2.5」の販売を開始することを発表した。

「Web Meister」はXML,XSLTなどのWeb標準技術をベースにJavaアプレット上で動作するWeb CMS。Webサイト階層構造をマップXMLで管理し,コンテンツをページ単位ではなくXMLモジュール単位で管理,結合することでページを構成する。さらに,それぞれのXMLモジュールは複製,共有化ができる。フロントエンドでもバックエンドでも文書構造とデザイン要素を完全に分離することで,高い汎用性を実現している。CMS利用者はWYSIWYGエディタによって複雑なことを意識せずに直感的に編集・管理することができる。

同製品はHTML5のような新しいWeb標準技術への対応も可能となっているため,PCやモバイルブラウザだけではなくiPhone,Androidのようなスマートフォンも合わせたワンソース・マルチデバイス化に対応したWebサイトを制作することができる。

Web Meister 2.5の特長は以下のとおり。

高速化,可用性の向上
Oracle 11g XML DB対応,WYSIWYGエディタのキャッシュ化により,1万ページ以上のサイトでもパフォーマンスが低下することなく管理可能となっている。
信頼性の向上
ファイル公開管理にFTPチェック機能を追加。ネットワークやWebサーバの問題によりFTPに失敗したHTMLを検出する。
XML管理の強化
FlashやAjaxのXMLデータなどを管理することが可能。
SEO対策自動生成機能の向上
公開日時が記述されたsitemap.xml 自動生成機能,見出しタグにidを自動付与しセクションリンク自動生成機能,link rel=⁠canonical⁠による複製コンテンツの正規化。

「Web Meister 2.5」の販売価格は以下のとおり。

Web Meister 2.5 ・News Release Edition Lite・共用ASP版
ライセンス:20万円 月額:6万円~
Web Meister 2.5 ・News Release Edition・共用ASP版
ライセンス費用: 50万円 月額:10万円~
Web Meister 2.5 ・Standard Edition Lite・共用ASP版
ライセンス費用: 120万円 月額:18万円~
Web Meister 2.5 ・Standard Edition・共用ASP版
ライセンス費用: 200万円 月額:25万円~
Web Meister 2.5 ・Standard Edition・サーバーインストール版
ライセンス費用: 200万円 年間保守費用:40万円

「Web Meister 2.5」の販売開始前に「Web Meister 2」を導入したユーザも順次無償で「Web Meister 2.5」にアップグレード可能。

全額返金キャンペーン

新規のユーザに対して,受注を受けた納品後,サービス利用開始30日以内に解約を希望の場合は理由の如何を問わず初期ライセンス費用全額をユーザに返金するキャンペーンを実施する。Web Meisterは静的XHTMLを公開するWeb CMSなので,サービスを停止してもWebサイトはそのまま残すことができる。解約後も手作業によるXHTML更新は可能。

  • ※返金対象は初期ライセンス費用のみ。Web制作費用などは対象とならない。
  • ※ASP版は解約希望後,翌月末までの月額費用は発生する。
Web Meister
URL:http://www.web-meister.jp/

コメント

コメントの記入