ニュースリリース

ティーオー・データ・ジャパン,ドイツactidataグループに参画し「ティーオー・アクティデータ(株)」に社名変更

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ティーオー・データ・ジャパン⁠株⁠は,ドイツのactidata GmbHと業務提携し,actidata グループに参画し,2010年4月21日付けで社名を「ティーオー・アクティデータ⁠株⁠以下,TO アクティ)に変更したことを発表した。同時に,大島啓孝氏が同社の代表取締役社長に就任したことを発表した。

ドイツactidata GmbHは,バックアップやデータ保護の専門家集団でLTO テープ装置「actiTape LTO」⁠LTOテープオートローダ/ライブラリ「actiLib LTO」⁠ハードディスク応用製品「actiDisk RDX」⁠⁠actiNAS」などのデータストレージ製品を扱っており,応用製品の自社開発も行っている。また同社の経営陣は全員データストレージ業界での長い経験と実績を持ち,ドイツとシンガポールの拠点から幅広いパートナーネットワークを利用し,EMEA(ヨーロッパ,中近東地域)とAPAC(アジアパシフィック地域)でB2B 市場を中心に製品販売とサービスを提供している。

大島啓孝氏はタンベルグデータ⁠株⁠の代表取締役を12年勤め,データストレージ業界では著名な人物。今後は同社の代表取締役社長として,ビジネスパートナーや顧客の開拓と関係強化,市場拡大および戦略的業務提携に注力していくとのこと。

ティーオー・アクティデータ⁠株⁠
URL:http://www.toactidata.co.jp/

コメント

コメントの記入