ニュースリリース

“物理サーバ”でクラウド環境を実現する「専用サーバー3G」販売開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

カゴヤ・ジャパン⁠株⁠は,同社が提供するレンタルサーバブランド「KAGOYA Internet Routing ⁠KIR)⁠にて物理クラウド環境を実現するフルマネージド専用サーバサービス「専用サーバー3G(スリージー)⁠を6月23日から新規投入,エントリーモデルが月額基本料金7,350円~で販売を開始する。

「物理クラウド」とは,仮想サーバを使用せず物理サーバのみを使用して提供するクラウド環境のこと。専用サーバー3Gでは全6種類のサーバタイプの中から希望のスペックを選ぶことができ,全タイプに100Mbpsベストエフォート型の共有回線が標準装備となっている。またオプションサービス「トラフィックブースター」⁠クラウドブースター」を利用することで物理クラウド環境を構築できる。物理クラウドでは追加される複数のサーバをユーザが専有して利用可能。仮想環境では仮想サーバ自体がリソースを消費してしまい,パフォーマンスが低下することがある。専用サーバ3Gでは物理サーバリソースを全てユーザーが利用できるため,無駄のないサーバリソースの活用が可能。

オプションの「トラフィックブースター」はデータトラフィックの保証帯域(1Mbps~20Mbpsの計5種類)を提供するサービス。動画配信サイトなどで発生する一時的なアクセスの増加に対してリアルタイムかつ必要な時間だけ回線の増強が可能。コントロールパネルからワンクリックするだけの操作で利用できる。利用料金は従量課金制で1時間あたり13円から。

「クラウドブースター」はサーバの利用状況に応じて,アクセスのピーク時に自動的に必要な台数分の物理サーバを追加,ロードバランサーを使って負荷分散するサービス。ショッピングサイトのキャンペーン実施期間中や大学受験の合格発表情報,就職情報を掲載するサイトなど,季節変動によってアクセス状況が著しく増減するようなサイトに向いている。利用料金は従量課金制で1時間あたり245円から。

専用サーバ3Gは,月額基本料金のみでWebサイトドメイン,メールドメイン,メーリングリスト,およびRDBMSとしてPostgreSQL,MySQL(DB設定数は無制限)を利用できる。

専用サーバ3G
URL:http://www.kagoya.jp/dedicated3g/

また同社では「専用サーバ3G」の発売を記念して,6月23日(水)~8月31日(火)まで初期費用を50%OFFにするキャンペーンを実施する。

専用サーバ3G 発売記念キャンペーン
URL:http://www.kagoya.jp/dedicated3g/campaign.html
カゴヤ・ジャパン⁠株⁠
URL:http://www.kagoya.com/

コメント

コメントの記入