ニュースリリース

HDE,メール誤送信対策に特化したアプライアンス「tapirus G 2000」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠HDEは9月13日,メール誤送信対策と情報漏洩対策に特化したアプライアンスサーバ「tapirus G 2000」を発売した。

企業のコンプライアンスがより厳しく問われる時代,従業員のミスにより企業からのメールの送信事故が深刻な問題となりつつある。多くはメールの「うっかり誤送信」によるものだが,誤送信対策として一般的に取られているのは,メール送信者による気づき,第三者にメールを監視させることによる発見,システムにあらかじめ誤送信のパターンを登録するルールづけ,の3つ。実際にこれだけで誤送信によるメール事故を完全に防ぐのは難しい。

tapirus G 2000は上記の対策に加え,⁠メール誤送信対策エンジン」を搭載,誤送信や情報漏洩の危険があるメールを自動的に抽出することができる。ハードウェア一体型のアプライアンス製品のため,導入が容易でトータルでコストを抑えることができ,システム一式単位のライセンス販売のため,利用ユーザ数を気にすることなく利用できる。

tapirus G 2000の主な機能は以下の通り。

一時保留機能
送信メールを一定期間保留し,その間に送信者がメールを削除することができる。
承認機能
上長などの第三者がメールを確認する機能
監査機能
メールの本文、ヘッダ、添付ファイルなどに条件を設定し,条件に合ったメールを保留,削除する。
誤送信対策エンジン
システムで自動的に誤送信/情報漏洩の可能性があるメールを抽出する。
保管機能
メールを最大30日間保管し,さまざまな条件から検索可能。検索したメールを圧縮形式でダウンロードできる。
暗号化機能
添付ファイル付きメールをパスワードの掛かったZIPファイル形式に自動変換して送信可能。特定の宛先に固定パスワードを指定したり,1通ごとにランダムなパスワードを発行することもできる。

ハードウェア仕様は以下の通り。

CPUIntel Xeon(クアッドコア)
メモリ4Gバイト
HDD1Tバイト(RAID 1)
LANポート(1000BASE-T)×1
付属品電源ケーブル
本体寸法45(H)×200(W)×350(D)mm

画像

価格はオープンプライス。

メールセキュリティアプライアンスtapirus
HRL:http://www.tapirus.jp/
⁠株⁠HDE
URL:http://www.hde.co.jp/

コメント

コメントの記入