ニュースリリース

アドバンスソフトウェア,Windows用バーコードコンポーネント「VB-BarCode 4」発売,Silverlightに対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

アドバンスソフトウェア⁠株⁠は,Windows用バーコード生成コンポーネント「VB-BarCode 4」を,10月15日に発売すると発表した。

「VB-BarCode 4」は,.NET Frameworkに完全対応したバーコード生成コンポーネント。国内外で利用の多いJAN,GS1-128(旧称UCC/EAN128)⁠UPC,ITF,Codabar,Code39,Code128,郵便カスタマバーコードから,2次元バーコードのQRコード,PDF417にも対応。100%.NET Frameworkのマネージコードで実装されているため,.NET Framework を使用して開発するアプリケーションに簡単にバーコードを追加することが可能。ピクセル単位でバーコードの大きさが調整可能で,出力先デバイスの解像度に合わせたイメージを生成することができる。

開発環境(Visual Studio)上での利用例

開発環境(Visual Studio)上での利用例

また,新しく追加されたASP.NETサーバーコントロールを使用すれば,Webページにバーコードを表示することができ,携帯電話の画面にコンサートチケットや割引クーポンバーコードを表示する.NETアプリケーションを開発できる。ブラウザから高精度なイメージを印刷することも可能。

さらにWPF用,Silverlight用のコントロールを新たに用意し,リッチなインターフェースを持つアプリケーションへの容易なバーコード組み込みにも実現した。

Silverlight用コントロールの例

Silverlight用コントロールの例

価格は1開発ライセンス60,900円,Webアプリケーションとして使用する際のサーバーライセンスは126,000円(いずれも税込み)⁠

システム要件は以下の通り。

開発環境

OSWindows XP(SP3以上)/Vista(SP1以上)/ 7
Windows Server 2003(SP2以上)/2003 R2(SP2以上)/ 2008(SP1以上)/ 2008 R2
開発ツールVisual Studio 2005/2008/2010
対応言語Visual Basic.NET,Visual C#(Windowsアプリケーション/ASP.NET Webアプリケーション/WPFアプリケーション/Silverlightアプリケーション)
ハードディスク20Mバイト以上の空き領域
メモリ 1Gバイト以上
対応バーコード JAN(8桁,13桁)⁠UPCA,UPCE,ITF(6桁,14桁,16桁,自由桁)⁠CodaBar,Code39,Code128,GS1-128(旧称:UCC/EAN128)⁠標準料金代理収納バーコード,郵便カスタマバーコード,QRコード(モデル1,モデル2)⁠PDF417(標準,簡易)

実行環境

OSWindows XP(SP3以上)/Vista(SP1以上)/ 7
Windows Server 2003(SP2以上)/2003 R2(SP2以上)/ 2008(SP1以上)/ 2008 R2
フレームワーク.NET Framework 2.0(SP1以上)/ 3.0(SP1以上)/ 3.5 / 4
WebサーバInternet Information Services 6.0以上
ブラウザInternet Explorer 6.0(SP1)以上

コメント

コメントの記入