ニュースリリース

仮想サーバサービス「さくらのVPS」でユーザ選択可能なOSを5種類に拡充

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

さくらインターネット⁠株⁠は,同社の仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」で,ユーザが選択可能なOSを大幅に拡充,全5種・10バージョンのOSから選択し 自由にインストールが可能な「カスタムOSインストール」機能を10月8日より提供開始した。

「さくらのVPS」はLinuxカーネル標準の仮想化技術KVMを採用した仮想サーバを利用できるサービス。初期費用なし/月額料金980円という低価格が特長。現在提供中の「標準OS」⁠CentOS 64ビット版)に加えて,Ubuntu,FreeBSD,Debian,Fedoraの32ビット/64ビット版の全5種/10バージョンの「カスタム OS」を提供開始。ユーザが選択可能なOSラインアップを拡充した。

またこれに合わせて,同サービスの特長の1つであるリモートコンソール機能の新機能として「VNCコンソール」も提供開始された。

Webブラウザ上でOS再インストールが完了する標準OSとは異なり,VNCコンソール上でOSのインストーラが起動する。

さくらのVPS
URL:http://vps.sakura.ad.jp/

コメント

コメントの記入