ニュースリリース

CLOQUE.,Flashサイトを解析してHTMLを作成するサービス「FLAML」を11月10日にリリース!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社CLOQUE.は,リッチコンテンツから情報を抽出し,端末に合わせ最適化を行う技術を開発。第一弾となる今回はFlashで制作されたファイルからHTMLファイルを作成するサービスFLAMLを11月10日にリリースすると発表した。

FLAMLは,主にFlashサイトの運営者や開発者向けに,制作されているFlashサイトを解析し,サイト構成を保ちつつHTMLファイルを数日で作成するサービス。

FLAMLを利用することで,Flash Playerをサポートしていない端末向け(iPhoneやiPad)に用意する代替コンテンツとしてのHTMLファイルを,手間とコストを削減して作成できるようになる。そして,様々な端末で閲覧可能なコンテンツは,機会損失を防ぐ効果が期待される。

今回のリリースでは,FlashのフレームワークであるProgressionを使用したファイルにのみ対応している(その他の規格に対しては順次対応する予定)⁠なお,Flashサイトの画面構成やボタン,リンクなどをHTMLファイルと画像ファイルにて再現する。Flash特有のインタラクティブな画面の動きなどは再現されない。

FLAMLの他の特徴は,以下のとおり。

  • FlashサイトとHTMLサイトを同一のURLに設置した場合,閲覧端末の環境に合わせ,Flash Playerがインストールされている環境ではFlashサイトを,インストールされていない環境ではHTMLサイトが表示されるようになる。
  • オプションとして,作成されるHTMLのサイズを端末の画面サイズに合わせて指定することが可能。
  • 作成される HTML ファイルは W3C にほぼ準拠している(準拠していない点は,アドレスの「#」以降に「/」を使用している一点のみ)⁠

FLAML紹介ムービー

FLAML
http://flaml.jp/
CLOQUE.
http://cloque.jp/

コメント

コメントの記入