ニュースリリース

グレープシティ,WPF向け入力支援コンポーネント「InputMan for WPF」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ⁠株⁠は,Windows Presentation Foundation(WPF)に対応した入力支援コンポーネント「InputMan for WPF 1.0J(インプットマン)⁠を4月11日に発売することを発表した。

InputMan for WPF 1.0Jは,Windowsフォーム用コンポーネントInputManをWPFに対応させたもので,WPFアプリケーションに多彩な入力支援機能を提供するコントロールセット。テキスト,マスク(定型書式)⁠日付,数値,カレンダー,電卓,検証インジケータの7種類のコントロールと,IME 制御コンポーネント,書式コンバーターが用意されている。機能や使い勝手はWindowsフォーム用InputManを踏襲しながら,設計や構造はWPFに最適化されている。日付の和暦対応,郵便番号などの定型書式,IME制御,特定文字種のみの入力などの機能がそろっており,漢字,ひらがな,カタカナ,ローマ字と多くの文字種で構成される日本語でのデータ入力を支援する。

WPF版の特長として,標準コントロールなどでInputManの書式表示を活用できる書式コンバーターや,外観設定用のテーマテンプレートといったWPFならではの機能も搭載。WindowsフォームからWPFへのシステム移行時にハードルとなる,新技術の学習にかかるコストも低減する。

さらに,InputMan for WPFは販売中のSilverlight向け入力コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J」と共通のオブジェクト構造を採用。コントロールのテンプレートやインターフェースにおいて高い互換性を維持している。XAMLやコードビハインドなどを両プラットフォーム間で最大限に利用したハイブリッド開発も可能。

標準のデータグリッドに日付コントロールを組み合わせ,ドロップダウンカレンダーを表示することも可能

標準のデータグリッドに日付コントロールを組み合わせ,ドロップダウンカレンダーを表示することも可能

1開発ライセンスあたりの税込み価格は,パッケージ版が126,000円,ダウンロード版が113,400円。なお,発売に先行し3月下旬にすべての機能を試用できるトライアル版を公開予定。

動作環境は以下の通り。

開発環境

開発ツールVisual Studio 2010
デザインツールExpression Blend 4(必須ではない)
開発言語Visual Basic,C#
運用環境フレームワーク.NET Framework 4/4 Client Profile
OSWindows XP/Vista/7/Server 2003/Server 2008/Server 2008 R2
InputMan for WPF 1.0J
URL:http://www.grapecity.com/japan/InputManWPF/
グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com

コメント

コメントの記入