ニュースリリース

スカイアーチ,計画停電地域を対象にレンタルサーバを4月末まで無償提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠スカイアーチネットワークスは,東京電力,東北電力管内で行われる計画停電への支援策として,同社のクラウド型専用サーバー「Route Cloud」⁠⁠セカンダリーメールサーバー」⁠⁠セカンダリーDNS」の3つのサービスを,4月末まで無償提供することを発表した。

同サービスで使用されるサーバは停電地域外のデータセンターに設置され,計画停電の影響は受けない。いずれのサービスも1営業日程度で利用開始が可能。対象者は東京電力,東北電力管内の計画停電対象地域で事業活動を行う法人。

各サービスの概要は以下から。

Route Cloud
URL:http://route.skytown.ne.jp/
ホスティングサービス。停電区域内のサーバを移設することにより,サービスを途切れることなく稼働させることが可能。
セカンダリーメールサーバー
URL:http://www.full-managed.net/datacenter/secondary-mail-server/
1台目(現行のメールサーバ)の停電中は,データセンター内の2台目が代わりにメールを受信し,1台目の復旧後にまとめて配信するためメールの消失,不達,大幅な遅延を防ぐ。
セカンダリーDNS
URL:http://www.full-managed.net/datacenter/secondary-dns/
1台目の停電中は,データセンター内の2台目を参照する設定にすることでサービスを継続可能。
⁠株⁠スカイアーチネットワークス
URL:http://www.skyarch.net/

コメント

コメントの記入