ニュースリリース

Evernote,ユーザ増に対応すべくバックボーンを強化,Android版のアップデートも発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Evernote Corporationは2011年4月20日,同社のマルチプラットフォーム対応記憶拡張サービス「Evernote」に関して,いくつかの発表を行った。

Evernote CEO Phil Libin氏,来日

今回の発表にあたり,アメリカよりEvernote CEOのPhil Libin氏が来日した。

冒頭で挨拶を述べるEvernote CEO,Phil Libin氏。⁠日本に戻ってくることができて嬉しいです。そして,3月に起きた東日本大震災の被災者の皆様に,心よりお見舞い申し上げます」と,日本に対しての思いを伝えた。

冒頭で挨拶を述べるEvernote CEO,Phil Libin氏。「日本に戻ってくることができて嬉しいです。そして,3月に起きた東日本大震災の被災者の皆様に,心よりお見舞い申し上げます」と,日本に対しての思いを伝えた。

Evernoteでは,被災地に向けた取り組みの1つとして,JCCCNCを通じた募金を行っている。

Evernoteでは,被災地に向けた取り組みの1つとして,<a hre

Phil氏は,新発表を行う前に「5年前と今の違いを5つ述べます」と前置きし,

  • App Stores
  • クラウドサービス
  • オープンソースのインフラ
  • ソーシャルメディア
  • フリーミアムの経済

の5つの存在を紹介した。Phil氏は,これら5つをはじめとした技術,概念により,⁠ Geek Meritocracy」が成立し,良い物,素晴らしい物をつくる環境が整ったと言う。そして「Geek Meritocracyがなければ,FacebookもDropboxも生まれなかったでしょう」と述べた上で,⁠集中しなければいけないことに集中できる時代になり,この考え方こそ日本の企業の強みです」と紹介した。そして,今回の発表内容につなげた。

Geek Meritocracyの時代になり,作り手が恩恵を受けられるようになった

Geek Meritocracyの時代になり,作り手が恩恵を受けられるようになった

ユーザ増に伴うトラフィック負荷増に対応するためにバックボーンを強化

まずはじめに,急激に増加するユーザ増,それに伴うトラフィック負荷の増加に対応するために,本社データセンターと各地域をつなぐネットワークプロバイダーとして,NTTコミュニケーションズの在米現地法人 NTTアメリカを採用し,NTTコミュニケーションズの「グローバルIPネットワークサービス」の利用を開始したことを発表した。選択理由として,⁠高い信頼性,そしてアメリカと日本をつなぐネットワークの中でもトップクラスのパフォーマンスが期待できるから」⁠Phil氏)とのこと。

現在,Evernoteのユーザ数は全世界で870万人を超え,昨年の260万人という数字と比較すると約3倍となっている。日本国内についても150万人を超えており,アメリカについで2番目の規模となったとのこと。また,1日の利用回数についても,1年間で4,200万回から1億4,500万回と,1億回/日以上のトラフィック増となったそうだ。

世界のユーザ比率。トップのアメリカが38%,ついで日本が28%となっている

世界のユーザ比率。トップのアメリカが38%,ついで日本が28%となっている

スマートフォン戦略として「Evernote for Android」をアップデート

さらに同日,スマートフォン戦略の一環として「Evernote for Android」を大幅に機能強化し,アップデート版を公開した。

今回のアップデートでは,

  • 共有機能
  • 整理分類機能
  • テキスト編集機能
  • セキュリティオプション
  • ビューおよびウィジェットの一新
    • などの改善が行われた。

      たとえば,共有機能の改善では,もともと実装されている,他のユーザが共有したノートブックを 自分のアカウントにリンクできる機能に関して,Android版上でそのノートブックの閲覧・編集が行えるようになった。

      Evernote for Androidでは多くの機能強化が行われた。iPhone/iPad向けについても近日中にアップデートするとのこと

      Evernote for Androidでは多くの機能強化が行われた。iPhone/iPad向けについても近日中にアップデートするとのこと

      この他,Android端末からのFacebook,Twitter連携の強化,ノートブック内のノート検索と作成など,より実用的な機能が改善された。

      また,スマートフォンならではという点では,地図と位置情報の取得と記録が行えたり,プレミアム会員向け新機能としてPIN(暗証番号)によるロックが行えるようになっている。

      Evernoteと連携したサービスも多数登場

      また,株式会社キングジムのSHOT NOTE」⁠ぺんてる株式会社のairpenPocket」⁠昨日発表され6月に提供されることになった株式会社内田洋行の書撮りくん EN」⁠さらにWebサービスとの連携のケースとして,株式会社マピオンなどの事例も紹介された。

      この他,同日付けで,株式会社ビジカ・ビジネスシステムが,Evernote経由によるカラー複合機のダイレクト操作が行えるソリューション「SHARP MFP for EVERNOTE」を発表した。

      このように,Evernoteを通じ,さまざまなツール,アプリケーションが連携し,それぞれの利便性が高まっている。

      Phil氏(右から3番目)とパートナー各社関係者による記念撮影

      Phil氏(右から3番目)とパートナー各社関係者による記念撮影

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入