ニュースリリース

センドメール, 対スパムメール用ホワイトリスト生成ツール「LogiQ Ranking Engine」を提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

センドメール⁠株⁠は,トラストスフィア社(シンガポール)製のホワイトリスティングソフトウェア「LogiQ Ranking Engine(ロジック・ランキング・エンジン)⁠を6月3日から提供開始した。

「LogiQ Ranking Engine」は,ネットワーク上の通信の振る舞い,通信の頻度,送信者情報などから電子メールの優先度を判断し,優先的にメールを送受信したい人のホワイトリストを自動的に生成する。センドメールのメールセキュリティゲートウェイソフト「Mailstream Manager」およびアプライアンス「Sentrion」のアドオンツールとして提供される。

同製品は,送信者情報(Sender IPやSender Addressなど)⁠送信ドメイン認証結果(SPF,DKIM)⁠TrustSphere社が持つ「グローバル・ホワイトリスト」との照合結果,通信の頻度(頻繁にメールを送受信しているかどうか)⁠およびネットワーク上の通信の振る舞い検知などの情報により,ホワイトリストを自動生成すると同時にメールの重要度情報と分類情報をMailstream ManagerやSentrionに提供する。

Mailstream ManagerとSentrionは現在,送信元,宛先,件名/本文/添付ファイル中のキーワードなどの条件によりポリシーを設定可能だが,これに「LogiQ Ranking Engine」によるホワイトリスト情報,重要度情報や分類情報を加えることで,より確実でニーズに合ったメールの優先順位付けが可能となる,優先メールボックスを設定して重要なメールを迅速に配送するなど,より利便性の高いサービスを提供することも可能。

また,センドメールが提供しているCommtouch社のIP Reputationやスパムハウスのデータを参照することも可能。さらに,新しい顧客とメール送受信を開始した場合などは,手動でドメイン単位でホワイトリストに追加することもできる。

LogiQ Ranking Engineの管理画面

LogiQ Ranking Engineの管理画面

センドメール⁠株⁠
URL:http://www.sendmail.co.jp/

コメント

コメントの記入