ニュースリリース

日本初となるWindows Phone 7.5搭載「Windows Phone IS12T」,9月以降に発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

KDDI株式会社,沖縄セルラー電話株式会社は2011年7月27日,日本マイクロソフト株式会社が提供するスマートフォンOS「Windows Phone 7.5」を搭載した,富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製「Windows Phone IS12T」を2011年9月以降に発売することを発表した。

「我々は,選べるスマートフォンから,auらしさであるワクワク感を提供します。そして,今回,良いもの(Windows Phone 7.5搭載端末)をいち早く提供できることを嬉しく思います」と冒頭で述べたKDDI株式会社代表取締役社長 田中孝司氏。⁠Windows Phone 7.5は,使えば使うほど,じわじわと気持良く馴染んでくるスマートフォンです」と1ヵ月の使用感も紹介した。

「我々は,選べるスマートフォンから,auらしさであるワクワク感を提供します。そして,今回,良いもの(Windows Phone 7.5搭載端末)をいち早く提供できることを嬉しく思います」と冒頭で述べたKDDI株式会社代表取締役社長 田中孝司氏。「Windows Phone 7.5は,使えば使うほど,じわじわと気持良く馴染んでくるスマートフォンです」と1ヵ月の使用感も紹介した。

Metro UIを搭載したWindows Phone 7.5

今回搭載されるWindows Phone 7.5は,Metro UIと呼ばれる新しいユーザ体験を提供するユーザインターフェース機能を実装する。

これは,ライブ・タイルというコンセプトにより,情報を瞬時に把握でき,パノラマUIにより,片手での操作がしやすい仕様となっているのが特徴。

Facebook,Twitter,LinkedInなどのWebサービスにアプリを個別に起動することなく,OSから直接アクセスできる「People Hub」の考え方を実現している。

タッチ画面上からFacebookやTwitterに直接アクセスでき,閲覧だけではなく投稿も可能となっている。

タッチ画面上からFacebookやTwitterに直接アクセスでき,閲覧だけではなく投稿も可能となっている。

その他,Internet Explorer 9やSkyDrive,Office365などの,同社のプロダクトを搭載する。

また,日本で開発されたカーブフリックによる入力も可能となっている。

Microsoftならではの機能が多数盛り込まれている。

Microsoftならではの機能が多数盛り込まれている。

また,Windows Phone 7.5用SDKを利用した開発環境およびエコシステムが整備されており,サードパーティによるアプリケーション展開が可能となる。開発したアプリケーションは「Windows Phone Marketplace」と呼ばれる35の地域に対応した配信プラットフォームから提供される。2011年7月27日現在,37社の企業がアプリ配信を予定している。

「コードネーム⁠Mango⁠のWindows Phone 7.5は,ワールドワイドの中で日本で一番最初に提供されます。今回発表される製品とともに,スマートフォンシェアの巻き返し,拡大を目指したいです」⁠日本マイクロソフト株式会社代表執行役社長 樋口泰行氏。

「コードネーム“Mango”のWindows Phone 7.5は,ワールドワイドの中で日本で一番最初に提供されます。今回発表される製品とともに,スマートフォンシェアの巻き返し,拡大を目指したいです」,日本マイクロソフト株式会社代表執行役社長 樋口泰行氏。

防水・防塵効果,1320万画素カメラを実装したデバイス

Windows Phone IS12Tは,防水・防塵(IPX5/IPx8/IP5X相当)対応で,幅59ミリ,113g(バッテリ装着時)のコンパクトサイズの筐体となっている。

シトラス,マゼンタ,ブラックの3色のボディカラーが用意される。

シトラス,マゼンタ,ブラックの3色のボディカラーが用意される。

カメラの有効画素数1,320万画素,TFT液晶(約3.7インチ,WVGA)となっており,auのサービスのうち,Cメール(受信のみ)⁠Eメール(@ezweb.ne.jp)に対応予定とのこと。

「富士通は,ヒューマンセントリックを基盤とした世界一使いやすいユビキタス端末を目指しています。今回のIS12Tはその考え方のもと,富士通と東芝の技術力・考え方が非常に融合した製品となっています」と,IS12Tの使いやすさをアピールした富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長 大谷信雄氏。

「富士通は,ヒューマンセントリックを基盤とした世界一使いやすいユビキタス端末を目指しています。今回のIS12Tはその考え方のもと,富士通と東芝の技術力・考え方が非常に融合した製品となっています」と,IS12Tの使いやすさをアピールした富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長 大谷信雄氏。

同製品は2011年7月28日からKDDIデザイニングスタジオ(東京・原宿)⁠およびau NAGOYA(愛知・名古屋)にて展示が開始される。

各社の代表による記念撮影。

各社の代表による記念撮影。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入