ニュースリリース

面白法人カヤック,位置情報とグループチャット一体型ストリーミングAPI「ナカマップAPI」を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠カヤックは9月14日,位置情報とグループチャット一体型のストリーミングAPIナカマップAPIを公開した。このAPIは,同社が提供するグループチャットサービスナカマップの技術を応用したもの。

ナカマップは,iPhone,Android搭載端末,フィーチャーフォン対応の位置情報に連動したグループチャットアプリ。現在15万人が利用し,AppStoreソーシャルネットワーキングランキングで1位を獲得している。

ナカマップ

ナカマップ

ナカマップAPIでは,グループに参加しているユーザの位置情報を取得する機能,グループ内でのリアルタイムチャットの機能など,ナカマップを構成する機能をAPIとして提供する。ユーザ認証にはOAuth2認証を使用する。

開発者はナカマップAPIサイトで登録すると,APIを無料で利用することが可能となる)⁠また,応募受付中のWebアプリ開発コンテストMashup Awards 7においても応募用APIを公開している。

ナカマップAPIを活用することで,たとえば,テーブルトークRPG,人狼BBSのようなBBSゲームなど,グループコミュニケーションを必要とするゲーム,あるいは位置情報を利用したゲーム,ペットの位置を確認するためのアプリ,botなど自動化プログラムを利用した新たなグループチャットサービスといった新たなサービスやソフトウェアが生み出されることを期待しているとのこと。

カヤックからは,近日中にサイバー鬼ごっこ専用アプリをサンプルとして公開予定。

法人は要相談。

ナカマップAPI
URL:http://developer.nakamap.com/
⁠株⁠カヤック
URL:http://www.kayac.com/

コメント

コメントの記入