ニュースリリース

IDCフロンティア,RightScaleプラットフォームにセルフポータル型クラウドサービスを試験提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠IDCフロンティアは,米RightScale社のクラウド統合運用管理ツールRightScale Cloud Management Platformへ,試験サービスとしてセルフポータル型のクラウドコンピューティングサービスの提供を2月15日より開始した。

合わせてクラウドサービスをコントロール可能なAPIも2月17日より試験公開の予定。これにより,RightScale Platformのマルチクラウド管理機能を通じて,提供事業者を超えて各国のクラウドサービスや,パブリック/プライベートを問わないITインフラの統制と,API利用のプログラミングによるシステムの自動化により,以下の効果が期待できる。

  • 大量のサーバを用いた大規模システムの管理・運用が少人数で可能
  • 国内外のクラウド事業者間,パブリック/プライベートを問わないインフラの統制
  • サービスのピークに応じたサーバの自動拡張・縮退(オートスケール)
  • OSイメージやアプリケーション設定のテンプレート化によるサーバ構築の省力化
  • 外部プログラムからAPIを通じたクラウドサービスのコントロールによる自動運用

現在,数千の利用者がRightScale Platform経由で360万台以上のサーバを稼動させており,海外の利用者は日本でのサービス展開の際にクラウドサービスとしてIDCフロンティアを選択でき,国内の利用者は欧米・アジア各国のクラウドサービスと一括したITインフラの管理が可能となる。今回の試験サービスを通じ,ユーザからの意見を集め,4月に開始予定の本格サービス提供に活かしたいとのこと。

IDCフロンティア
URL:http://www.idcf.jp

コメント

コメントの記入