ニュースリリース

Acroquest Technology,HTML5+CSS3+JavaScriptによるグラフィカルなWebUIを開発するためのプラットフォーム「Web Graphical Platform」をOSSで公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Acroquest Technology⁠株⁠は2012年5月9日,HTML5+CSS3+JavaScriptによるグラフィカルなWebUIを開発するためのプラットフォーム「Web Graphical Platform(以降WGP)Ver. 0.1」をオープンソースとして公開した。

Web Graphical Platform
URL:http://wgp.sourceforge.net/

WGPは,同社の製品であるENdoSnipeの運用監視機能であるDashboardを実現する基盤として開発したもの。WGPはjQueryをベースとしており,ツリーやグリッド,グラフなどのコンポーネントライブラリや,SVGライブラリと組み合わせることで,Webブラウザ上に効率良くグラフィカルな画面を実装することが可能となっている。とくに,監視システムやOSS(Operations Support System:運用支援システム)など,ダイナミックなグラフィック描画を求められるアプリケーションに適している。

主な特徴は以下のとおり。

  • HTML5,CSS3,JavaScript,SVGなどのWeb標準となるデファクトスタンダードな技術を利用することにより,特定のベンダに縛られないクロスプラットフォーム環境で動作するアプリケーションを開発可能
  • オープンソースのライブラリを利用した標準的なグラフィカルコンポーネントを多数提供
  • 機能追加用のインターフェースを備えており,ウィジェットの追加,カスタマイズが容易

さまざまなコンポーネントが用意されている

さまざまなコンポーネントが用意されている

現在,Hadoop内部動作監視デモやNetwork Management Systemの回線状況監視デモなど,さまざまな用途で利用されている。

Hadoop内部動作監視デモ

Hadoop内部動作監視デモ

Network Management Systemの回線状況監視デモ

Network Management Systemの回線状況監視デモ

今回のVer. 0.1リリース後は,7月にVer. 0.2としてネットワーク表示機能追加,9月にVer. 1.0としてクライアント/サーバ連携機能追加,API公開が予定されている。また,ライセンスはMIT Licenseとなっている。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入