ニュースリリース

Acroquest Technology,インメモリ・データグリッド製品「AcroMUSASHI DataGrid」を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Acroquest Technology株式会社は2012年5月30日,インメモリ・データグリッド製品「AcroMUSASHI DataGrid」の販売を開始した。同製品は,Key-Value型のインメモリ・データグリッドで,ビッグデータの重要性が高まる昨今に適した製品と言える。

同製品のキャッシュノードプロセスは自律的にデータグリッドクラスタを構成し仮想メモリ空間を作り出す。そこにシステムで利用するデータをキャッシュすることでデータベースアクセスやI/Oによって発生するボトルネックを排除し,システムの高速レスポンスを可能にしている。

その他,主な特徴は以下のとおり。

  • Java標準であるMap APIを拡張しており,キャッシュの保存と取得処理の実装が容易
  • メモリ内にデータを保存し,データアクセスの高速化,それによるシステム応答時間のカイゼンを実現する
  • キャッシュノードの追加により,線形的に拡張できる
  • キャッシュしたデータをクラスタ内の別のノードに自動的にバックアップするため,トラブルにも対応できる高可用性を実現
  • 並列分散実行処理フレームワークによりクラスタのキャッシュノードを利用した並列分散処理が可能
  • 同社が開発したENdoSnipe(Javaシステム診断ツール)により,データグリッドを構成するキャッシュノードの監視機能を提供する

なお,AcroMUSASHI DataGridは,オープンソースソフトウェアであるInfinispanをベースにしている。

価格は1コアあたり,1ライセンス1,200,000円~。

 AcroMUSASHI DataGridのキャッシュノード監視機能

図 AcroMUSASHI DataGridのキャッシュノード監視機能

コメント

コメントの記入