ニュースリリース

計測エンジアリングシステム,物理シミュレーション/モデリングツール「COMSOL Multiphysics バージョン4,3」発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

計測エンジアリングシステム⁠株⁠は,米COMSOL,Inc.製の物理シミュレーション,モデリングなどをビジュアルに行えるツール「COMSOL Multiphysics バージョン4,3」の販売を7月中旬から発売する。

COMSOL Multiphysicsは有限要素法のシミュレーションソフトで,構造力学,電気,電波,光,音,熱,流体,化学反応,プラズマ,地盤等の各種物理現象をシミュレーションし,結果を数値やグラフにするだけでなく,3DCGのカラーアニメーションとして動画ファイル化できる。

対象となる物の形状と,適用する各種物理現象の初期値や境界値,時間的変化の式等を入力すると,自動的にメッシュを割り当てて計算するので,たとえば燃料電池のような物理現象が複合しているうえに,実機では内部の観察が難しい装置の内部での熱や化学反応等を,容易に必要な範囲だけ抽出して視覚化可能。

販売価格は初年度150万円~(税別)⁠

計測エンジアリングシステム
URL:http://www.kesco.co.jp

コメント

コメントの記入