ニュースリリース

楽天,電子書籍サービスを7月19日から開始,本日より電子ブックリーダー「kobo touch」の予約受付を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

楽天株式会社は2012年7月2日,同社の電子書籍サービスを2012年7月19日より開始することを発表した。また,これに伴い専用の電子ブックリーダー「kobo Touch」の予約受付を同7月2日から開始している。

kobo Touchプレオーダーページ
http://kobo.rakuten.co.jp/

目指すは読書革命―「日本の優れた文学・文化を提供し,日本の出版文化を電子書籍事業で活性化したい」

製品発表にアタリ,同社代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏が登場し,⁠今回の電子出版事業への参入にあたっては,日本の優れた文学・文化を(海外にも)提供し,今,読書離れと言われている状況の中で,日本の出版文化を電子書籍事業で活性化したいという目的があります」と,事業参入に向けた思いを述べた。そして,⁠OPEN」をテーマに「読書革命」を起こしたいと力強く語った。

「目指すは読書革命」

「目指すは読書革命」

端末の価格は7,980円

気になる端末の価格は7,980円。冒頭で述べたページでの予約のほか,大手量販店での販売も予定されているとのこと。また,現在予約キャンペーンを行っており,楽天スーパーポイント最大3,000ポイントプレゼントが行われる。

「皆さんに手にとってもらいやすい価格をつけました」と述べた三木谷氏

「皆さんに手にとってもらいやすい価格をつけました」と述べた三木谷氏

iPhone 4Sと比較したサイズ。iPhoneより二回りほど大きい114mm×165mm。ディスプレイサイズは6インチのタッチスクリーン電子ペーパー。厚さは10mm,重さは185g

iPhone 4Sと比較したサイズ。iPhoneより二回りほど大きい114mm×165mm。ディスプレイサイズは6インチのタッチスクリーン電子ペーパー。厚さは10mm,重さは185g

EPUB3およびPDF対応,日本語フォント2種類を含む11種類のフォントを搭載

koboが対応するフォーマットはEPUB3およびPDF。koboeブックストアで販売されるコンテンツについては現時点ではEPUB3に限定されるとのこと。また,日本語フォント2種類を含む11種類のフォント(サイズ17段階)に対応しており,細かな表現にも対応する。

サービスイン時点では,読者が利用できるのはkobo Touchのみとなっているが,順次PC向けやAndroid OS/iOSなどのタブレットに対応したkoboリーダーの提供も行われる。

画像

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入