ニュースリリース

ヌーラボ,プロジェクト管理ツール「Backlog」の新バージョンを販売開始――新たに「Git」機能を搭載

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社ヌーラボは2012年9月5日,同社のプロジェクト管理ツール「Backlog」の新バージョンの販売を開始した。

Bakclog
http://www.backlog.jp/license/package.html

50を超える新機能を追加

今回のバージョンアップにより,50を超える新機能が追加された。

一番のポイントはバージョン管理ツールに「Git」を採用した点(後述)⁠この他,どの画面からも目的の情報にアクセス可能になったり,ファイルをドラッグ&ドロップでアップロードできるといったUI面での機能強化がなされている。

改善されたダッシュボード

改善されたダッシュボード

Gitを搭載

バージョン管理ツールとして,分散型のバージョン管理システム「Git」を搭載した。Gitの特徴は,複数拠点での利用時にシームレスにバージョン管理が行える点。現在,Web制作やWeb開発プロジェクトにおいてシェアを拡大している。

Backlogに搭載されているGitは,

  • 日本語サポート
  • コミットの課題連携
  • ファイルビューア機能
  • 視認性を高めたネットワーク図

Gitのネットワーク図

Gitのネットワーク図

といった特徴がある。

今回の発表にあたり,同社代表取締役橋本正徳氏は,⁠今年7月末にASP版でGitの機能を追加した後,新規のユーザが増えてきました。バージョン管理にGitを使うユーザはまだまだ多くはないと思いますが,Gitの利用者増に貢献していくためにも,諸事情でASP版が使用できない企業様に,パッケージ版を通してGitをご利用いただければと考えています」と,ポリシーなどによりASP版のBacklogが利用できない企業ユーザや,すでにGitを使っているユーザに向けたプロダクトとして,また,さらなるBacklogユーザの獲得に向けたコメントを伸びている。

このように,利便性の高いソフトウェアの連携により,さまざまなプロジェクトが効率的に進行でき,より品質の高いプロダクトやサービスが生まれることを期待したい。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入