ニュースリリース

IDCフロンティア,東日本の新拠点「白河ゾーン」サービス提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠IDCフロンティアは,IDCフロンティア クラウドサービス セルフタイプ(以下,IDCFクラウド セルフタイプ)の提供元区域である東日本リージョンに新たな拠点を加え,白河ゾーンとして2013年5月8日(水)より提供を開始した。

東日本リージョンとして東京ゾーンと白河ゾーンの2つのゾーンから,仮想マシンの作成を自由に選択できるようになる。これにより,同一リソースを物理的に離すことができ,データセンターの電力供給事業者も分散させることで,利用者はシステムの可用性向上や事業継続性の確保が可能となる。

今後,IDCFクラウド セルフタイプの西日本リージョン展開と,北九州データセンターでのハウジングおよびストレージサービスとの接続も検討していいる。

IDCFクラウド セルフタイプ 白河ゾーンの追加に伴う特徴は次のとおり。

  1. 東日本リージョン内での電力供給事業者分散と物理的な拠点を分けたゾーンの選択が可能
  2. 白河ゾーンでのメインサイト利用
  3. 白河データセンター内におけるハウジングおよび分散ストレージ(予定)との接続
  4. 顧客オフィスから白河ゾーンへのダイレクト接続

IDCフロンティア 白河データセンター

IDCフロンティア 白河データセンター

⁠株⁠IDCフロンティア
http://www.idcf.jp/

コメント

コメントの記入