ニュースリリース

グレープシティ,Windowsフォーム資産をタッチ対応アプリにリメイクするコンポーネント発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は,Windowsフォーム資産をタッチ対応アプリにリメイクするコンポーネント「MultiTouch for Windows Forms 1.0J」を,2013年8月28日(水)に発売すると発表した。

本製品は基本的に,Visual Studioで既存のWindowsフォームプロジェクトを開き,ツールボックスからコンポーネントを追加してリビルドするだけで,Windows 8のタッチ対応アプリにリメイクできる。

Windows 8とタッチ操作可能な環境下では,拡大・縮小などのズームや,拡大したアプリをスワイプしてスクロールさせることも可能になる。画面レイアウトを修正する必要がないため,既存の業務アプリケーションを少ない開発工数で,Windows 8用にマウス・キーボードとタッチ操作を両立したものにリメイクしたり,Windowsフォームを利用した新規開発ができる。

なお,リメイクしたタッチ対応アプリは,タッチには対応しないがWindows 7などでもマウス・キーボードでそのまま使用可能。

1開発ライセンス価格は3万円(税別。以下同様)⁠開発したアプリケーションを配布する場合のランタイムライセンスは10パック10万円から。

グレープシティ⁠株⁠
URL:http://www.grapecity.com/

コメント

コメントの記入