ニュースリリース

at+link,低コストでPCI DSSへの準拠が可能になるプライベート型クラウドサービス「PCI DSS Ready Cloud」をビジネスモデル特許出願

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠リンクと⁠株⁠エーティーワークスが共同で展開している国内ホスティングサービス「at+link(エーティーリンク)⁠は2013年10月28日(月)⁠クレジットカードのデータを取り扱う際に必須とされる国際的なセキュリティ基準である,PCI DSSの準拠を実現するために開発したクラウドサービス「PCI DSS Ready Cloud(ピーシーアイ ディーエスエス レディー クラウド)⁠において,2013年10月24日(木)にビジネスモデル特許を出願したことを公表した。

PCI DSSに準拠しているクラウドサービスはほかにもあるが,準拠に必要なリソースのすぺてをクラウド上に用意しPaaSとして提供しているサービスはat+link以外に存在しない(at+link調べ)⁠

PCI DSSのセキュリティ基準では,一般的に12の要件を満たすことが要求される。自社構築では1,500万円ほどの初期コストと膨大な手間がかかる。本サービスであれば初期費用180万円から構築できる。

at+link
URL:http://www.at-link.ad.jp/
⁠株⁠リンク
http://www.link.co.jp/
⁠株⁠エーティーワークス
http://www.atworks.co.jp/

コメント

コメントの記入