ニュースリリース

『もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』電子版40%オフキャンペーン実施中,2014年1月5日まで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社技術評論社は,⁠もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語』⁠2013年10月5日発売)の電子書籍(Gihyo Digital Publishing / Amazon Kindle )の40%オフキャンペーンを開始しました。期間は2014年1月5日まで。

定価=1,580円950円

画像

もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語
Gihyo Digital Publishing(PDF版)⁠
https://gihyo.jp/dp/ebook/2013/978-4-7741-6042-9
Amazon Kindle(MOBI版リフロー型)⁠
http://amzn.to/17bdh9V

  • パソコンが外部から操られ,痕跡は残らない。
  • 何が証拠なのかは教えてもらえない。
  • 罪を認めないと,勾留延長,家族対策で自白を促す。
  • 裁判になれば,99パーセント以上が有罪に。
  • 家族の情報はネットでさらされ,瞬く間に拡散していく。
  • 罪を認めず争えば,家族も本人もつらいだけ ――

本書は,パソコン遠隔操作事件を題材にした,あなたにも降りかかりうる災厄の物語です。

コメント

コメントの記入