ニュースリリース

html5j,「<htmlday> 2014」を2014年6月14日に実施

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

HTML5開発者コミュニティであるhtml5jは<htmlday> 2014の開催を発表した。

<htmlday>とは,日本全国でWebに関する多数のイベントを同じ日に開催することで,日本のWebを一層盛り上げようという「お祭り」⁠5月20日のサイト公開時点で賛同イベントは5つ,延べ参加予定人数は155名となっているが,今後増やしていく予定とのこと。

昨年の<htmlday> 2013では,賛同イベント数32,延べ参加予定人数は1,555名となた。今年も同様に地域のコミュニティにも参加を呼びかけ,日本全国に広がるお祭りとして盛り上げていく。

また,今年は同主催のHTML5 Japan Cupの応募期間でもあり,これを機に同アワードに関連したアイディアソンやハッカソンなどを開催することも勧めていく。

昨年と同様,<htmlday>に賛同し,6名以上の参加者が見込まれるイベントには,<htmlday>特製ステッカーと,イベント主催者には<htmlday>Tシャツが贈られる。内容は,勉強会/セミナーの形式にとどまらず,単なる交流会(お茶会や飲み会)でも構わないとのこと。参加のハードルをできるだけ低くし,<htmlday>を機会に日本全国のWebに関わるコミュニティがより活性化することが狙い。

同イベントを通じて,地域Web技術者コミュニティの認知を全国的に拡げ,日本全国のWeb技術者コミュニティの発展を促す。またイベントをきっかけとして,これまでWeb技術者コミュニティが存在しなかった地域に新たなコミュニティの誕生を促し,さらに日本全国のコミュニティリーダーが接点を持つことで,Web技術者コミュニティ同士の連携と共同発展を進めていきたいとのこと。

<htmlday> 2014
URL:http://htmlday.jp
html5j
URL:http://html5j.org

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入