ニュースリリース

LINK,クラウドを利用する感覚で物理サーバを利用できる,ベアメタル型アプリプラットフォーム提供開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠リンクは2014年5月28日(水)⁠2010年より高負荷サイトやスマホアプリ,ゲーム事業者向けのサーバサービスとして展開している専用サーバパッケージ「アプリプラットフォーム」を,⁠ベアメタル型アプリプラットフォーム」として提供を開始した。ベアメタルとは,OSの入っていない物理サーバ。

「アプリプラットフォーム」は,NAND型フラッシュメモリioDrive2を搭載したサーバと回線・その他機器をパッケージにし,初期費用0円で利用できるホスティングサービス。⁠ベアメタル型アプリプラットフォーム」は,その後継サービスとして提供するもの。

OSをインストールして物理サーバとして利用,ハイパーバイザーをインストールし仮想サーバのホストとして構築するなど,用途に応じて使い分けることができる。物理サーバをコントロールパネルからプロビジョニングできるだけでなく,サーバコピーやスナップショットといったクラウドとしての機能も利用可能。

ベアメタル型アプリプラットフォームの詳細は,http://app-plat.jp/で確認できる。

コントロールパネルでさまざまな操作が可能

コントロールパネルでさまざまな操作が可能 コントロールパネルでさまざまな操作が可能

⁠株⁠リンク
http://www.link.co.jp/

コメント

コメントの記入