ニュースリリース

開発者必見!新言語「Swift」発表,iOS 8やOS X "Yosemite"も――WWDC2014開幕

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分
2014年6月2日(米国時間),Apple主催の開発者向けのカンファレンスWWDC2014が開幕し,同日キーノートが行われた。
WWDC2014
https://developer.apple.com/wwdc/

今回のキーノートでは,デバイスなどのハードウェアの発表はなかったものの,iOS・OS Xといったプラットフォームに関するバージョンアップと新機能の発表,そして,そのプラットフォームで動くソフトウェア開発のための新言語「Swift」が発表されるなど,開発者にとって見逃せない発表が多数行われた。

iOS 8発表

iPhoneやiPad向けのOSの最新版「iOS 8」の発表が行われた。

Touch IDなど従来の機能のアップデートに加えて,とくに注目したいのが各種APIの追加。⁠Photokit」⁠Healthkit」⁠Homekit」⁠CloudKit」といった名称の機能(フレームワーク)が追加され,それぞれ写真関連,健康関連,家電関連,iCloud関連を扱えるAPIが用意されたこと。

たとえば,Photokitでは,iPhoneやiPadで撮影した写真を直接編集し,さらに外部アプリケーションに配信するなど,今まで以上にデバイス上での写真編集・管理・操作がしやすくなっている。

また,Healthkitでは今後需要が見込まれている健康ビジネス分野において,スマートデバイスを介したソリューション開発のための基盤が用意されたと言える。

開発者向けベータ版は以下サイトからダウンロードできる。正式リリースは今秋の予定。

iOS 8(開発者向けベータ版)
https://developer.apple.com/devcenter/ios/index.action

OS X 10.10:Yosemite

次期OS X 10.10の発表も行われた。正式名称は,アメリカの地名から取った「Yosemite(ヨセミテ)⁠となった。

アプリケーション拡張として

  • Widgets for Notification Center
  • Share Extensions
  • Action Extensions

などが新たに実装されたほか,Yosemiteでは,とくに2D/3Dのグラフィック周りに関するバージョンアップに注目したい。

SpriteKit / SceneKit

2D向けフレームワーク「SpriteKit」⁠3D向けフレームワーク「Scenekit」では,とくにゲーム開発における描画サポートを行っており,iOS・OS X,それぞれ異なるデバイスで稼働するアプリケーションでも最適化を測った表現が実現できるようになっている。

正式リリースは今秋の予定で,開発者向けのデベロッパープレビューが本日からダウンロード可能となっている。

OS X:Yosemite(デベロッパープレビュー)
https://developer.apple.com/devcenter/mac/index.action

新言語「Swift」

今回,開発者視点で最も注目したいのが「Swift」だ。

これまでApple(iOS・OS X)の開発環境はXcode,そして,開発言語はObjective-Cだった。ところが,今回は次期Xcodeの発表とともに,新たな開発言語として「Swift」が発表された。

メモリ管理が自動化されたり,モジュール上で名前空間が宣言されるなど,これまで以上に簡潔な構文が実現でき,メンテナンス性の高いコードが書ける。また,高性能なLLVMコンパイラを使用することで,最適化され高いパフォーマンスを実現するネイティブコードを実現する。

同日発表された開発者向けXcode 6ベータでは,すでにSwift用のデバッガモードも用意されており,新たな言語開発を体験できるようになっている。

開発イメージ(Apple公式サイトより)

開発イメージ(Apple公式サイトより)

Swiftの言語仕様は,iBooks Storeにて電子書籍で公開されている。興味のある方はぜひ読んでほしい。

The Swift Programming Language
https://itunes.apple.com/us/book/the-swift-programming-language/id881256329?mt=11

今回のキーノートの模様は以下URLにてストリーミング視聴が可能となっている。

Apple Special Event. June 2, 2014.
http://www.apple.com/apple-events/june-2014/

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2014年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入