ニュースリリース

進化したタブレット「Surface Pro 3」,7月17日に発売――アナログの世界のユーザ体験をデジタルに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

日本マイクロソフト株式会社は2014年6月2日,同社のタブレットデバイスの最新版「Surface Pro 3」を発表した。

Surface Pro 3

Surface Pro 3

画面サイズ12インチ,厚さ9.1ミリ,重さ800g,タブレットサイズでフルPC機能

Surface Pro 3の特徴は前バージョンと比較して画面が大きくなり,軽量化した点。前バージョンと比較して,10.6→12インチ(画面サイズ)⁠13.5→9.1ミリ(厚さ)⁠907→800g(重さ)となっており,また,画面の解像度は2160×1440 CleaTypeフルHD+高解像度スクリーン,アスペクト比は3:2になった。

登場してすぐ「やばい,すごい」と,Surface Pro 3の印象を表現した同社代表執行役社長 樋口泰行氏

登場してすぐ「やばい,すごい」と,Surface Pro 3の印象を表現した同社代表執行役社長 樋口泰行氏

発表にあたり,同社代表執行役社長 樋口泰行氏が登場し,⁠参入が遅れたのは否めない」としたものの,Surface Pro 2リリース後,タブレットのシェアが30%を超えたこと,そして,今回のSurface Pro 3でさらにシェアを拡大できると信じていると力強くコメントした。

アナログの世界の体験をデジタルに

続いて登場したのは,米Microsoft, Sales & Marketing, Surface & Windows HardwareのBrian Hall氏。これまでの日本でのSurface発表会に毎回登場する人物だ。

米Microsoft, Sales & Marketing, Surface & Windows HardwareのBrian Hall氏。日本でのSurfaceに関する発表には欠かせない人物

米Microsoft, Sale

Brian氏は,Surface Pro 3になり,大画面・軽量化されたこと,また,キーボードやトラックパッド,そして新型のSurface Penなどの入力デバイスの操作感が改善された点を強調した。そして,それを実証するものとしていくつかのデモが行われた。

アドビ システムズ株式会社マーケティング本部の栃谷宗央氏が,開発中のSurface対応Photoshop CCのデモを行い,タッチ操作による画像レタッチのしやすさを紹介した。

アドビ システムズ株式会社マーケティング本部の栃谷宗央氏が,開発中のSurface対応となるPhotoshop CCのデモを行った

アドビ システムズ株式会社マーケティング本部の栃谷宗央氏が,開発中のSurface対応となるPhotoshop CCのデモを行った

再びBrian氏が登場し,⁠The New York Times』電子版上のクロスワードパズルや,Sudoku(数独)アプリのデモを行い,実際の入力を新型Surface Penで行い,これまでのアナログの体験と同等の操作を紹介した。入力そのものに加えて,実際にPenで記入された文字が自動認識され,テキストデータで取り込まれるなど,アナログ体験とデジタルの融合がなされているのが印象的だった。

「アナログの世界での体験のママ,デジタルに」をコンセプトに開発されている新型Surface Pen。操作の切り替えなどが,いままで以上にスムーズになっている(画面は『The New York Times』のクロスワードをSurface Pro 3上で行っている様子)

「アナログの世界での体験のママ,デジタルに」をコンセプトに開発されている新型Surface Pen。操作の切り替えなどが,いままで以上にスムーズになっている(画面は『The New York Times』のクロスワードをSurface Pro 3上で行っている様子)

本日より予約開始,発売は7月17日から

予約は6月3日0時より開始されており,発売は2014年7月17日からとなっている。税抜参考価格は,一般向けが11万1,800円(Core i5,メモリ:4Gバイト,記憶域:128Gバイト)~,法人向けが10万800円(Core i5,メモリ:4Gバイト,記憶域:128Gバイト)~となっている。なお,エントリモデルとなる一般向けSurface Pro 3(Core i3)について2014年8月からの販売予定。税抜き参考価格は9万1,800円。

Microsoft Surface Pro 3
http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/products/surface-pro-3

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2014年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入