ニュースリリース

Automotive Grade Linux,コネクテッドカー向けのオープンソフトウェアスタックを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linux Foundationの取り組む通信機能をもつ自動車=コネクテッド カー向けのオープンソースプロジェクトであるAutomotive Grade Linux(AGL)は6月30日,最初のオープンソフトウェアスタックをリリースした。

AGLはTizen IVIをベースにしており,HTML5とJavaScriptで開発されたアプリケーションを1つのオープンソースリファレンスプラットフォームに追加している。

主要機能は以下のとおり。

  • ホーム画面
  • ダッシュボード
  • Google マップ
  • HVAC
  • メディア再生
  • ニュース リーダー(AppCarousel)
  • オーディオ コントロール
  • Bluetooth フォン
  • スマート デバイス リンク インテグレーション

コードや仕様書等はすべてAGL wikiにあるので,誰でもソフトウェアを使うために必要なバックグランドやツールを入手して,プロジェクトへの貢献をスタートできる。

Automotive Grade Linux
URL:http://automotive.linuxfoundation.org

バックナンバー

2014年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入