ニュースリリース

日本オラクル,企業のビッグデータ活用に対応した新製品「Oracle Big Data SQL」を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本オラクル株式会社は2014年9月1日,企業のビッグデータ活用に対応した新製品「Oracle Big Data SQL」を発表した。

同製品は,Oracle Databaseを含む各種RDBMSに加えて,Hadoop,NoSQLなどのデータソースに格納されている構造化/非構造化の多様なデータへのアクセスを可能とし,企業内でのビッグデータをサポートするもの。

一方で,必要となるスキルは既存のSQLスキルなので新規学習コストを低減できる。このほか,同社のデータ管理ソリューション「Oracle Exadata Database Machine」から,Smart Scanテクノロジを受け継ぐことで,特定のクエリに必要なデータをHadoop上のローカル環境で検出できたり,Oracle Databaseのセキュリティ機能をHadoopやNoSQLのデータへ拡張適用できるといった特徴を持つ。

提供形態は,同社のOracle Big Data Appliance上のソフトウェアオプションとなり,

  • Oracle Big Data Appliance
  • Oracle Exadata
  • Oracle Database 12.1.0.2 Enterprise Edition
    • の導入が前提となる。

      提供開始は2014年9月中とのこと。

      「No.1 Cloud Companyを目指す」と力強く述べた,日本オラクル株式会社代表執行役社長兼CEO 杉原博茂氏

      「No.1 Cloud Companyを目指す」と力強く述べた,日本オラクル株式会社代表執行役社長兼CEO 杉原博茂氏

コメント

コメントの記入