ニュースリリース

ぷらっとホーム,M2M/IoTシステム構築に適した極小サイズマイクロサーバ「OpenBlocksR IoTファミリ」を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ぷらっとホーム⁠株⁠は2014年9月29日(月)⁠M2M/IoTシステム構築に適したマイクロサーバ「OpenBlocks IoTファミリ」を発表した。出荷開始は2015年2月を予定。

M2MやIoTなどにおいて,センサーとクラウドとをつなぐゲートウェイ用途向け製品で,3G(W-CDMA)やWi-Fi,Bluetoothなどの無線通信機能を内蔵するが,厚さは11.3mmで,手のひらに収まる極小サイズを実現した製品。

販売価格はオープンで,案件の受注台数にもよるが,3万円台半ば~4万円台半ばを想定している。

本ファミリの特徴は以下。

極小サイズフォームファクタ
41.6mm(W)×96mm(D)×11.3mm(H)の極小サイズで,様々な場所・環境に設置可能。
無線/有線の各種インターフェースを搭載
Wi-FiやBluetoothなどの無線通信を搭載し,RS-485,RS-232C,GPIO,Ethernet等の有線インターフェースにもオプションケーブルをつなぐことで接続可能。
アンテナ内蔵の3G(W-CDMA)通信機能
極小サイズの筐体に3G通信機能を搭載し,さらにアンテナも内蔵。
パワフルなCPUと大容量メモリ
22nmプロセス技術のインテルSoCを搭載し,また1GバイトのRAM,4GバイトのFLASH ROMを搭載。
フルパッケージのLinuxを搭載
OSとして汎用のDebian GNU/Linuxを採用しており,アプリケーションの実装が容易。
ぷらっとホーム⁠株⁠
URL:http://www.plathome.co.jp/

コメント

コメントの記入