ニュースリリース

Rails技術者認定試験運営委員会,「Rails 4 ブロンズ試験」を発表~ベータ試験は4月25日より実施~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Rails技術者認定試験運営委員会は2015年3月13日(金)⁠新試験「Rails 4 技術者認定ブロンズ試験」を発表した。ベータ試験は2015年4月25日(土)より合計4回実施する。本試験は今年の秋より全国160箇所のオデッセイ コミュニケーションズ CBTテストセンターにて実施する。本試験問題作成は⁠株⁠アジャイルウェアに協力を得る。

なお,2015年4月25日(土)開催のベータ1試験は受験料金無料で合格者は本認定扱いとなる。

Rails 4 技術者認定ブロンズ試験概要

名称 Rails 4 技術者認定ブロンズ試験
目的 Ruby on Railsの専門知識の習得を評価できる本試験により,⁠認定者の雇用機会」「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ること
対応バージョン Rails 4.0
種別 ブロンズ試験:Ruby on Railsの基本知識を問う試験
受験料金 ブロンズ試験1万円/(税抜)
試験開始時期 本試験:2015年秋
ベータ1試験 2015年4月25日(土)※受験料金無料,合格者は本認定扱い
詳細と申し込み https://railsjob.doorkeeper.jp/events/19951
試験会場 本試験:全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場(CBT)
設問数 40問
試験時間 1時間
合格基準 7割正解
出題形式 選択式(単一または複数選択)

ブロンズ試験出題範囲

項目 出題割合
1. Ruby on Railsの基本 10%
2. Scaffolding機能によるRails開発の基礎 10%
3. ビュー開発とヘルパー 20%
4. モデル開発 20%
5. コントローラ開発とルーティング 20%
6. テスト(MiniTest) 10%
7.メールと国際化 10%
補足

上記の詳細は試験Webサイトで公開し,公式Twitterアカウント@railscpにて通知する予定。

「gem install rails --version='~>4.0'」でインストールされる範囲のみを出題する。プラグイン,rubygemsは出題範囲には含めない。

前提OSはUNIX系だが,基本的にはOSに依存しない出題とする。

本試験では実行環境については問わない。

主教材

日時2015年3月12日(木)18:00~19:00
書籍名「Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング」
URLhttp://gihyo.jp/book/2014/978-4-7741-6410-6
著者山田祥寛
定価3,780円(税込)
大型本544ページ
出版社⁠株⁠技術評論社
ISBN978-4-7741-6410-6
発売日2014年4月11日

参考教材

教材名「Railsチュートリアル」⁠第二版)
URLhttp://railstutorial.jp/
教材の活用方法主教材や認定スクールの認定コース受講後に,より基本知識の実務活用イメージを深める場合などに利用されることを勧める。
出題範囲カバレッジ
項目対応状況
1. Ruby on Railsの基本
2. Scaffolding機能によるRails開発の基礎
3. ビュー開発とヘルパー
4. モデル開発
5. コントローラ開発とルーティング
6. テスト(MiniTest)次版以降で順次対応
7.メールと国際化次版以降で順次対応
Rails技術者認定試験運営委員会
http://www.railscp.org/
公式Twitter
http://twitter.com/railscp

バックナンバー

2015年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入