ニュースリリース

LINK,ベアメタル型アプリプラットフォームで,仮想と物理のサーバ間のスムーズなデータ移行を実現

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

株式会社リンクは2015年4月22日(水)⁠物理サーバの追加・削除・コピーがGUIの操作で可能なベアメタル(OSの入っていない物理サーバ)クラウドサービス「ベアメタル型アプリプラットフォーム」において,仮想サーバと物理サーバ間のデータ移行を可能にする機能を提供開始した。仮想から物理(V2P)⁠物理から仮想(P2V)などサービスの稼働状況に合わせシームレスな運用が可能になる。

同社はホスト上にある仮想サーバのバックアップデータを取得し,そのデータから別の仮想サーバや物理サーバに移行できるよう機能拡張を行った。これにより,スタートアップ時は小さく始め,サービスの規模に合わせて仮想サーバの台数を追加,さらに規模が大きくなった場合は物理サーバに集約といったことがコントロールパネルで可能になる。また,物理サーバで運用していたがサービスの規模縮小により,仮想サーバへデータを移行して運用すると言ったことも可能になるため,サービスの稼働状況に合わせて効率の良い運用が実現する。

ベアメタル型アプリプラットフォームの詳細はhttp://app-plat.jp/を参照のこと。

株式会社リンク
URL:http://www.link.co.jp/

コメント

コメントの記入