ニュースリリース

オープンソースによるIoT基盤構築の「AllSeen Alliance」に新たに13社が加入

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

7月15日(米国時間)⁠オープンソースソフトウェアによるIoT基盤の構築を発展させるための協業の取り組みであるAllSeen Allianceは,IBMやPivotalをはじめとする13企業が新たに同プロジェクトのメンバーとなったことを発表した。

AllSeen Allianseは,Linux Foundationが主導する協業プロジェクトで,オープンソースソフトウェアのIoTフレームワーク「AllJoyn」を開発し,IoE(Internet of Everything)をサポートする製品,システム,およびサービスの導入実現に取り組む非営利コンソーシアム。これまで170以上の団体がメンバーとなっている。

新メンバーとなったのは,IBM, Pivotal, CertiVox, KONA S, Appception, Granite River Labs(GRL), Hackster, Novatel Wireless, Omni m2m, Visible Energy, Fabita, Skyworth, TOPEASTの13社。ITインフラ,クラウドコンピューティング,セキュリティ,IoTプラットフォームと,さまざまな分野から参加企業が集まっている。

AllSeen Alliance
URL:http://allseenalliance.org/

コメント

コメントの記入