ニュースリリース

プログラミング生放送,キャラクターを使ったアプリのコンテスト『マスコットアプリ文化祭 2015』を昨年に続き開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

IT・開発系のコミュニティ「プログラミング生放送」は10月8日,キャラクターを利用したアプリなどの作品を募集し,選考・表彰を行うイベントマスコットアプリ文化祭2015の開催を発表した。

マスコットアプリ文化祭は,主催・協賛する企業や団体などのイメージキャラクターや,二次利用・二次創作が可能なガイドラインが整備されているキャラクターを利用した作品を募集し,主催・協賛団体がそれぞれ独自の基準で作品を選考し表彰するもの。アプリ以外にも「アプリ以外の作品」の応募も受け付けており,誰でも気軽に参加できる。

なお,マスコットアプリ文化祭でのキャラクターは,いわゆる「萌えキャラ」的なキャラクターで,いわゆる「ゆるキャラ®」とは区別しているとのこと。

協賛を表明している団体は下記の通り(2015/10/8時点,順不同)⁠

  • HSPTV!
  • 株式会社 泉精器製作所
  • 大痛人ブランド創生会議
  • 株式会社ディー・エヌ・エー
  • 株式会社ポケット・クエリーズ
  • SSS合同会社
  • 株式会社DMM.comラボ
  • ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
  • 渚の妖精ぎばさちゃん
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • アトリエひもじ館・巻線妖怪マキ
  • 精華町
  • いちごちゃんベリープロジェクト推進委員会
  • 【上州真田】信之・小松姫プロジェクト
  • ご当地キャラショップ和な~る なごみちゃん

応募規定やスケジュールなど,詳しくはマスコットアプリ文化祭2015のページを参照のこと。

IT勉強会開催

マスコットアプリ文化祭と少し連動した,IT勉強会の開催を予定しています。

  • 日時: 2015/10/31(土)⁠ 13:00~18:00(予定)
  • 場所: DMM.com ラボ 本社・東京事業所(恵比寿事業所)
  • 参加無料

参加キャラクターを活用したアプリ開発などのIT・開発関連のセッションを予定。参加登録が必要です。

また,2016年にも表彰式を兼ねたIT勉強会を開催予定です。

マスコットアプリ文化祭2015
URL:https://mascot-apps-contest.azurewebsites.net/2015/
マスコットアプリ文化祭2014(前回)
URL:http://pronama.github.io/mascot-apps-contest/2014/
プログラミング生放送
URL:http://pronama.azurewebsites.net/

コメント

コメントの記入