ニュースリリース

グレープシティ,ARアプリ開発環境「Wikitude」の販売を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ⁠株⁠は10月20日,HTML/JavaScript/CSSなどのWeb標準技術でAR(拡張現実)アプリを開発できる「Wikitude SDK」および,ブラウザ上でARコンテンツを簡単に作成するクラウドサービス「Wikitude Studio」⁠大規模AR開発用ソリューション「Wikitude Cloud Recognition」「Wikitude Targets API」を発売した。7月に豪Wikitudeと代理店契約を結んだことによるもの。

Wikitude SDKは場所を認識してARコンテンツを重ねる「ロケーションベース型」と,任意の画像を認識してARコンテンツを重ねる「画像認識型」の両方をサポートしており,iOS,Android,スマートグラスに対応したネイティブアプリを開発できる。また,XamarinやCordova,Titanium,Unity等の開発環境へのプラグインも無償で提供されている。

SDKのライセンス価格はiOSまたはAndroidで1アプリを開発/配布できるSDK Liteで112,000円,アプリ数無制限のSDK Pro+ Unlimitedが859,000円(いずれも価格は税別)ほか。

販売は同社のWebサイトで直接行われる。

Wikitude
URL:http://wikitude.grapecity.com

コメント

コメントの記入